ミニミニ 講座 第1回 ユダヤ教(其の1)
あの、「熱い男」が・・・逃避行から、帰ってきました。

エルサレムの灼熱の太陽に灼かれてますます、こんがりしちゃって、ほっかほっかの湯気がたちのぼっているような感じです。

やけどしないように、ふぅふぅして、読みましょう。

さて、私は、英国っぽく、紅茶でもいれることに致しましょう♪
(ペルシャ猫)
d0079799_2251345.jpg


『真・役に立つJCSミニミニ講座』第1回 ユダヤ教(其の1)

とうとう始まりましたJCSエンスー研究員による『真・役に立つJCSミニミニ講座』。

(前回、講座が長すぎて最期まで読みきれなかった講義生が多数いたとのことで短くしてやす)

この講座は皆さんの役に立つことをメインにしますのでおいらにとってはとてもつまらない内容でやす。社会に役に立つことをしなさいと当局(当局って誰?)に言われちまったので真面目にやりやす。みなさん覚悟してね!
 
さてJCSの舞台は西洋ではありやせん。中近東のイスラエルでやす。2000年前のイスラエル・エルサレムの生活がわからないと ちょっとしたワードや行動の理由がワカラナイと思いやすので歴史の講義をしやすので逃げないでくだせい。

ジーザスはキリスト教信者じゃないのは知ってますよね。
えっ? ジーザスは何教徒だったの? 
ユダヤ教徒なんですねぇ。
2000年前にはキリスト教は確立してませんでした。
JCSはユダヤ教がベースなので真面目に説明しちゃうゾ。

ユダヤ教の神とはヤハヴェ(ヤーヴェ)の唯一教であり聖典は旧約聖書(モーゼの十戒、戒律を含む)である。

d0079799_2311983.jpg象徴としては二つの正三角形を逆に重ねた六芒星(ヘキサグラム)と言われるダビデの星であり、古代イスラエルのダビデ王に由来するとされるが実際には後からできていったものだそうだ。(プチ知識なので自慢しちゃおう!)
起源は約2500年以上前まで遡りバビロン捕囚の頃に成立した。バビロン捕囚は耳にしたことあるよね。(詳細は自分で調べること)

2000年前(ジーザスの時代)のユダヤ教はパリサイ派・サドカイ派・エッセネ派・熱心党と言う4大学派あり、JCSにもパリサイ派と熱心党(ゼローテス)は歌詞に出てきます。

「This Jesus Must Die ジーザスは死ぬべし」ではパリサイ派(律法重視派でジーザスと対立する)が登場します。カヤパとアンナスはパリサイ派にはそうとう気を使いながら物事を進めていたようですよ。(ちなみにカヤパとアンナスはサドカイ派)

d0079799_2322276.jpgそして熱心党(ゼローテス)は反ローマの運動を展開していました。
熱心党といえばシモンですね。
歌のタイトルにもなっていますが、今で言えばローマに対して武闘ゲリラ活動をしていた集団と考えて良いでしょう。シモンはこの歌の中で5万人以上の民衆がジーザスの味方だと発言し、ローマから祖国イスラエルを取り戻しジーザスが永遠の権力と栄光を手に入れるのだと絶叫してます。とても過激な思想でありますが、ジーザスは苦々しくもこの仲間たちを認めていたのですね。
シモン以外の12使徒の中にもユダ、ヤコブ、タダイが熱心党出身でした。
こうしてみると12使徒の3分の1が熱心党なので武闘派集団の性格を少し帯びていると考えてもおかしくはないのですね。 

d0079799_23132643.jpgユダヤ教の預言者とは?
神の言葉を預かり人々に伝え広める者のことであります。一般的にはモーゼやイザヤが預言者と呼ばれますが、JSC中では民衆から預言者と言われていた洗礼者ヨハネ(ジーザスの従兄弟と言われ、彼を洗礼し、ヘロデ大王に虐殺された。)とジーザスが歌詞に登場しやす。
ジーザスは預言者として民衆から期待され、そしてローマからイスラエルを救うメシア(救世主)として変えられ崇め奉られて行きやした。

さあ、今日はここまでとしやす。 どうでした? つまらないでしょ。 皆さんよりおいらの方がもっとつまらないのだ!

次回、ユダヤ教(其の2)に続きやすので、またお会いしやしょう。(講師が逃亡しないかぎり・・・) by JCSエンスー
by tomokot2 | 2006-10-16 00:08 | JCSエンスーミニ講座 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/4010643
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tomokot2 at 2006-10-16 00:08
エンスー研究員
おかえりなさい♪
洗礼者ヨハネというと、サロメを思いだしてしまいます。
サロメが首をほしがったのは、このヨハネのことですよね?
おどろおどろしいですよねぇ。血なまぐさいですねぇ。

JCSを知ると、いろんな勉強になって、ほんとに楽しいです、私。
ありがとうございます。次回は、コーヒーをご用意致しましょう。
Commented by グリーンアイル at 2006-10-16 09:20 x
博士、講義ありがとうございます。毎度守備範囲の広さには敬服いたしております。(^^) お茶でも飲んでリラックスして続きをお願いします。( ^^) _旦~~

それにしてもJCSからサロメですかあ。サロメと言えばビアズリーの挿絵がデカダンスしていて好きです。次はなにが飛び出すのやら。(^^)
Commented by はる at 2006-10-16 12:23 x
とうとう歴史に突入しましたね!続きが楽しみです〜。
Commented by JCSエンスー at 2006-10-16 13:44 x
ペルシャ猫ちゃん

そうなんですよあのサロメと関係する洗礼者ヨハネなのです。
後ほどミニミニ講座でやりますがJCSにでてくるヘロデ王は姦淫の罪であると洗礼者ヨハネに指摘されてヨハネを獄死に追い込むことになったのだ。
このJCSのヘロデと父ヘロデ大王は混在されることがあるので気をつけたほうが良いのだ。
ヘロデ大王の方が歴史的にも色々なエピソードの持ち主なのだ。(ここらは後ほど)
それとおいらエスプレッソをオーダーしやす。


グリーンアイル♪ちゃん

洗礼者ヨハネはあのレオナルド・ダ・ヴィンチの「岩窟の聖母」に描かれているのだ。
左側の両手を合わせている幼児が洗礼者ヨハネと言われてるのだ。



はるちゃん

歴史やるけど大丈夫?
歴史的背景が分かるとJCSの歌詞が深く解っていくのでガマンしてついてきて!
「This Jesus Must Die ジーザスは死ぬべし」で洗礼者ヨハネを引き合いに出して、『洗礼者ヨハネと同じ様に殉教させれば良い』と司祭たちは歌っているのだ。ゾクゾクくる歌詞だゾ!
この洗礼者ヨハネと12使徒ヨハネが違うってことは当然はるちゃん知ってるよね。
Commented by ケイ at 2006-10-16 18:17 x
ハーイ
メイド院さんこんばんは!性懲りもなく又きてごめんね!
皆さんすみません

やっと少し歴史の所分かる所になってきました!
最初から何回も繰り返し読んではいるんですが・・・・

これはもう見ている方や作品に深く傾倒されているかたしか踏み込めないですね!
私ごときがくるところでは・・・・でも来るんだな~これが・・・
空気を読めない性格なもんで・・・
更に皆さんにはなんの得もないコメントで・・・申し訳わけないです!

で・書く事はロジャのこと・・軽くスルーしてください(爆)
ロジャは最近はスローな曲を割りと歌ってますが(コレも・ス・テ・キ)
本性はロックンロールです!
本性があらわれてる1曲に「Lets Get Crazy」はいかがでしようか?
若々しく怖い物なしのロジャの本性がみえますよ!
「Fun in Space」の4曲目です!

興味のある方はソロお送りしますが(笑)
ごめんね!メイド院さん
来ないほうがよければ○×で×してね!マジに(真剣な目)
Commented by はる at 2006-10-16 19:14 x
エンスーさん
歴史は好きですが不得意かも(私の得意科目は体育です/キッパリ)。そうね、聖書関係は…ゴンドワナとローラシアら辺ならどうにか。(うひゃ
あ、でも。ヨハネ弟と水攻撃ヨハネの違いは分かりますわ(^.^)b
続きもワクワクしながら待ってます☆
Commented by tomokot2 at 2006-10-16 21:19
ケイさん
私のロジャのソロのお気に入りは、Happiness?なんです。
今度、こちらでFelixくんのインタビューとかもちょと紹介しますので、ロジャの話題も出しますからネ。

ロジャってすごい読書家なのは、知ってると思いますが、昔、遠藤周作の「沈黙」をあげていたことがあって、私も読みましたよ。
ロジャってすごい奥の深い人ですよね。きっと、話したら、とってもたのしくて、みんな彼に恋をしちゃうと思います。

それからコメントは役立つからとかそういうのは、全然気にしないでくださいな~~~。気が向いたらなんでも書いて下さい♪ほんとよ(^^)/
Commented by tomokot2 at 2006-10-16 21:23
エンスーさん
カフェ ド メイドインという名前のブログにしようかな(*^_^*)

サロンっぽくなったら面白いなあ。想像上だけど。歴史の話あり、同性愛の話あり、聖書の話あり、ヘビメタ、バズの話あり、クイーンの話題あり。お茶しながら、たばこ吸いたい人は吸い、食べたい人は食べながら、移動しながら、携帯からアクセスしながら、自由にお話できる場になれたら嬉しいなあ。

サロメの画像とか出したら、みんなひくだろうから、やめておきます。
マリアとジーザス第二段とかにしよっかな。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Felixのインタビュー ちょ... JCSって何? メモ その3 >>