クイーン布教活動~おすすめクイーン・メニュー~
Wow!深夜から明け方にかけてのみなさまの怒濤のコメント。
驚いちゃったのは、はるさんだけでなく、ペルシャ猫もです。どうもありがとうございます!
はるさんへの温かいメッセージ、そして、みんなそれぞれ好きな呼び名で私を名指しして下さって・・・ペルシャ猫、メイド院、猫、ぺるしゃ猫、ペルジャン・・・うふ、それも嬉しい♪
ニセリッチーさんの掲示板では、「メイドさんとJD猫」というキャラクターも登場させていたので、どちらも私には愛着があります。(JDはジョンディーコンさんということでニセさん命名)

最初は、外国にはある熱烈なジーザスクライストスーパースターのファンサイトやフォーラムが日本には無いようなので、自分で情報を収集して、日陰?で細々とやれたらいいかな~と思って始めたブログです。

でも、訪問してくださるのは、やっぱりK&Kサイト関係の方々が圧倒的に多く、なかなかコメントしづらい環境であることに、段々心苦しい思いが募ってきました。

d0079799_1051829.jpg
そんなとき、はるさんが、フルシチョフが出てくる曲のチーン♪というコメントをくれたときに、あ~、またしてもフレディの仕業かな~と思いました。私もKiller Queen、まさに同じ曲でハートをつかまれたのです。

私の生活の中には、クイーンもJCSもそして色んなことがたくさんあります。
そういうことをこれから、自分なりに書かせてもらおうと思います。

さて~、はるさんがこれまでに書いてくれたコメントの中から、ロシア大好き。バレエ好き。戦争映画をたくさん観て育った。Hugo Weavingの大ファン(彼女のリンク集にヒントがありました)。ロックについてもっと知りたい。という、いくつかの情報を得ています。彼女に次に聴いてもらいたい曲とかおすすめアルバムはどのあたりでしょうか。

私は、Innuendo、シアー、オペラ座、レースあたりかなと思っています。PVも雰囲気がヨーロッパ的で、ハードなロックとは違うので。あ、でも、JCSの音楽はロックですから、はるさんは既にそういうロックは経験してます。

もしまたコメントいただけるようでしたら、宜しくお願い致します。

私は、まずは、I'm Going Slightly Mad (フレディ生前の最後のアルバムから)とSomebody To Love (5枚目のアルバムから。こっちは途中で切れちゃうのですけど)のPVを貼らせていただきます。
by tomokot2 | 2006-10-06 10:56 | クイーン | Trackback | Comments(27)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/3951101
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 喜楽院(新潟) at 2006-10-06 12:59 x
ロックについてもっと知りたいという方にはいつも、入門編として
約30年間この5枚を薦めてきた。1970年代中盤前後に発売された
アルバムだが、今でも燦然と光輝く傑作群であります。
ごちゃごちゃ言わんと5枚全部聴いておくれやす。
はる様の今後の方向性が、必ずやこの5枚の中に見出せるはずです。

1、「恐怖の頭脳改革/エマーソン・レイク&パーマー」
※シンセサイザーの無限の可能性を、当時、世に放った、
キーボード、ベース&ボーカル、そしてドラムスで構成される
英国の3人組ユニット。このアルバムの、組曲「悪の経典」における
圧倒的な演奏テクニックと作曲センスには、ただただ感服。

2、「イン・スルー・ジ・アウト・ドア/レッド・ツェッペリン」
※歴代最強のハードロックバンド。いわゆる近代ロックのスタイルは
彼らによって確立されたも同然。英国の4人組。
このアルバムの「イン・ジ・イブニング」「オール・マイ・ラブ」の美しさ
たるや、ほとんど神の造形としか思えない。
(続く)
Commented by 喜楽院(新潟) at 2006-10-06 13:01 x
(続いた)
3、「クイーンⅡ/クイーン」
※誰がなんと言おうと、我らがクイーンの最高傑作。
B面の頭から3曲は、もはや聖書の域。この喜楽院、5000回は聴いた。
英国の4人組。

4、「危機/イエス」
※プログレ人気№1の「イエス」のみならず、1970年代前半の
ロック界そのものを代表する名作アルバム。英国の(普通は)5人組。

5、「マシン・ヘッド/ディープ・パープル」
レッド・ツェッペリンと人気を完全に二分したハードロック界の盟主。
ツェッペリンが駒苫・田中なら、パープルは早実・斉藤。(意味不明)
ロック界、最有名曲の「ハイウェイ・スター」「スモーク・オン・ザ・
ウォーター」を含むアルバム。

以上であります。
Commented by tomokot2 at 2006-10-06 13:10
喜楽院さん
ありがとうございます。私もロックについてもっと知りた~い♪から私がレスしてもいい?
ELP YES DPはちゃんと聴いていないので、今度聴かせてくれませんか~(*^_^*)オネダリ
Commented by DADA at 2006-10-06 14:22 x
ペルシャ猫さま みなさま こんにちは

I'm Going Slightly Mad
初めてPVを観たときは、はっきり言って、ショックでした。
曲も、低音域で歌う部分が、けっこうありますよね。正直言って、ちょっと暗いかなぁ と思っていました。
最近この曲のPVの撮影風景の映像を観る機会があり、印象が少し変わりました。
映像で観る限り、撮影当日は、少しは体調がよかったのか、撮影の合間には笑顔もみえるし、演出にも積極的に参加していて、フレディにとっては、きっと 楽しいひとときだったんだろうなぁ と思いました。
今、突然思ったのですが、
私の中では、これまでは、Killer Queen と I'm Going Slightly Madは、正反対の、対極にあるような曲だと思っていたのですが、
実は、この2曲は、一対になっている曲なのかなぁ とも思えてきました。
あっ、もしかしたら、ここでは、はるさんに お勧めする曲を、何曲か上げればよかったのですね。
すみません。支離滅裂になってしまいました。頭を冷やしてからまた参ります。

 

Commented by DADA at 2006-10-06 19:13 x
ペルシャ猫さま みなさま はるさま こんばんは
私はQueenの魅力の一つに、「表裏一体」という言葉が思い浮かびます。
Killer Queen は、以前コメントしたように、「明」のイメージ、
I'm Going Slightly Mad は、死神がひたひたと近づいてくる闇の世界、つまり「暗」のイメージを感じます。
白と黒,善と悪、天国と地獄、生と死。
一曲の中にも、そして、アルバムの中にも、さらにはアルバムの枠を越えても、同じようなことを感じることがあります。
一曲だけでも魅力的ですが、対になる曲と一緒に聴くことによって、さらに、それぞれの曲の魅力が増すような気がします。
そんなわけで、私のお勧めの曲は、一枚のアルバムから選ぶとすると、
A Night At The Opera より
Death On Two Legs と Love Of My Life です。
(アルバムの表紙も、とてもきれいです。)
Commented by 喜楽院(長野) at 2006-10-06 21:01 x
はる様、皆様、そしてペルジャン様。

では、クイーンについて詳しく知りたいな、
あの美しい喜楽院様のようになりたいな、(んな奴いません。)
という方のために、クイーン入門編・喜楽院バージョンを。

「戦慄の女王」
聴かなくて結構です。皆さん忙しいから。

「クイーンⅡ」
・オウガバトル
・フェアリーフェアー
・ネヴァーモア
はい。3曲でOKです。

「シアー・ハート・アタック」
・ブライトンロック
・キラークイーン
・テニメントファンスター
・フリックオブザリスト
・谷間の百合

「オペラ座の夜」
・39
・ラブオブマイライフ

「華麗なるレース」
・ロングアウェイ
・ミリオネアワルツ
・グッドオールドファッションドラバーボーイ

「世界に捧ぐ」
時間の無駄。パスパス。

「JAZZ」
・ジェラシー

「ホットスペース」
・ラスパラブラスデアモール

以上です。
「ワークス」以降のアルバムは聴かなくて結構です。
はい。これであなたも立派なクイーンファンです。
コングラチュレイシュン!。
Commented by アデリーペンギン at 2006-10-06 21:39 x
ペルシャ猫さん、はるさん、こんばんは。

私@中3がQファンになってすぐの時、FMでQ特集というのがありまして、エアチェックしました。
その時のセットリストを。

「Ⅱ」
Procession
Father To Son
White Queen
The Seven Seas Of Rhye

「SHEER HEART ATTACK」
Killer Queen
Now I'm Here

「A NIGHT AT THE OPERA」
You're My Best Friend
Bohemian Rhapsody

「A DAY AT THE RACES」
Tie Your Mother Down
Somebody To Love
Teo Torriatte

「JAZZ」リリース記念の特集プログラムで、上のリストの後にアルバム「JAZZ」がまるごと1枚かかってました。

他にもおすすめは「OPERA」の中の「The Prophet's Song」「Love Of My Life」、「Ⅱ」の「Ogre Battle」からのブラックサイド、もちろん「We Will Rock You」「We Are The Champions」・・・
(続く)
Commented by アデリーペンギン at 2006-10-06 22:03 x
(続き)
あとは「THE GAME」からは「Play The Game」「Save Me」「Dragon Attack」、「THE WORKS」からは「RADIO GA GA」「Hammer To Fall」、「A KIND OF MAGIC」からは「One Vision」「Who Wants To Live Forever」・・・きりがないのでここまで(爆)
他にもたっくさんあります。

私がQファンになったきっかけは、読んでいた音楽雑誌の「星占い」に「NEWS OF THE WORLD」の中の「It's Late」を聴けばいいよ、と書かれていて、話のネタに聴いたのが始まりでしたが、本格的にはまったのはファンだった従姉の影響プラス偶然TVでやっていたPVでした。そのPV「You're My Best Friend」「Bohenian Rhapsody」「Somebody To Love」の「3本セット」で完全にノックアウト。でも中学生だった私はお金がなく、出たばかりの「JAZZ」をその時に買わず、次の年のお正月にやっと「NEWS OF THE WORLD」を初めて買いました。

また当時「マカロニほうれん荘」というマンガを読んでまして、そこで「う~いぇっ、う~いぇっ」って言ってるのが気になってたのですが、上のFM番組で初めて「Tie Your Mother Down」を聴いて、謎が解けました(笑)
Commented by ケイ at 2006-10-06 22:49 x
こんばんは!
皆さんの凄さにもう!脱帽です!
ホント勉強いなります!
一枚のアルバムとなると・・・難しいですね!
しかし私が大好きなアルバムはなぜか「シアーハートアタック」ですね~
もちろん「QUEENⅡ」は無人島に行くなら何を持っていく?・・・なら{QUEENⅡ」ですが・・・『シアーハートアタッツク」は好きですね~

ジャケットの4人の「ちょっと、いってる感じ」も大好きです!
特にロジャの危ない感じが・・・
曲も全部大好きです!
『シアーハートアタッツク」は初期の傑作と思います!

「Tenement Funster」の 詩のまさに・・くさいロッツクンローラーぽさが・・・
「Stone Cold Crazy」も・もう自分で「エアーギター」やってます!

メイド院さ~ん!!!
マイクが邪魔で~す!
ロジャの顔が・・・ロジャの顔が・・・みたいです~~~


Commented by tomokot2 at 2006-10-07 05:52
ケイさん
>マイクが邪魔で~す!

こ、これは失礼を!(笑)
しかしケイさんは、気持ちいいくらいロジャー一筋ですね~。

私は、あちこち目移りしてしょうがないです。
フレディは大大大大大好きですけど、大好きなミュージカル(ロックオペラ)のジーザスクライストスーパースターに出演している俳優さんたちの中には、いい男がいっぱいいて、毎日楽しいいんですよね~、これが。

でもケイさん。わかりました。ロジャーの写真はみなさんが見たことあるのばかりしか持ってませんが、なるべく出すようにしますね~♪
Commented by tomokot2 at 2006-10-07 06:01
DADAさん
私は長いことフレディのことを封印していました。クイーンを観たり聴いたりするだけで辛くなってしまって。
でも、K&Kさんのところで皆さんとお話ができるようになってから、一日中でも聴いていられるようになったんです。本当にフレディ、素敵~とか思いながら、ニッコニッコできるようになった自分が不思議です。もちろん、辛くなるときはあります。11月は特にいけません。

>白と黒,善と悪、天国と地獄、生と死。
こういうものをスゴク感じますよね~。音楽に広がりがあるっていうと月並みな言い方ですけど、色んなことを考えるきっかけになったり、夢幻の世界を想像したり。

お薦めの曲ありがとうございました!どうぞ、ご自由に、思ったことを、これからもどんどんコメントしてくださいませネ。宜しくお願いします♪
Commented by はる at 2006-10-07 12:07 x
こんにちは〜
ここでリストアップされている曲名やアーティスト名が、気持ち良い程全く分からない私は、未知との遭遇な気分です(ドキドキ
でもまずは、皆様のご意見を参考にちょつと飛び込んでみようかと存じます(イエスという名前のバンドに少しびつくり。大胆だわ!)

ここ暫く仕事が忙しく、週末まで体力が持つかなぁと不安だったのですが、こちらに来る度にパワーを貰い、充電させて頂いている気がします。
クイーンでロックな皆様に感謝ですっ。猫さん、クイーンをありがとう&徹夜仕事、お疲れ様です。
今ね、皆様がリストアップして下さった曲をメモメモ中です。どれを買おうか迷います・・・。

そうそう、シンセサイザーってJCSでも使ってますよね?何かそれっぽい変な音がする様に聞こえるのですが…恐怖の頭脳革命で鍛えようかしらん。
Commented by 喜楽院(長野) at 2006-10-08 03:05 x
アデリーさんのコメント。
こういう機会があると、いろいろ聞けてうれしいですね。
アデさんの、Qへの馴れ初めは何遍聞いても面白いな。
彼女のは、アピールするのがうまい文面ですよね、毎回。
ちょっと研究して技を盗むことにしましょう、そうしましょう。
Commented by 喜楽院(長野) at 2006-10-08 03:16 x
>はる様。
問題発言をします。(笑)
クイーンは甲子園の高校野球です。
イエスは米国メジャーリーグの野球です。
でも、必ずしもメジャーの方が高校野球よりも面白い、楽しいかと
いうと、もちろんそうではありませんよね。
高校野球の方が、メジャーより面白い、楽しいって人の方が
多いかもしれないし、実際そうかもしれない。
でも、高校野球が絶対に及ばない「凄さ」は、メジャーにはあります。
イエスの「危機」で、それを感じ取ってください。
Commented by tomokot2 at 2006-10-08 06:50
アデリーさん
ここでは一回の字数制限があって、コメントしにくいですよね。すいませんです<(_ _)>

アデリーさんのクイーンとの出会いは、ティーンテイジの女の子らしくてとってもカワイイです。「世界に捧ぐ」が最初のQアルバムなんですね。ブライアンが好きになったのもそのあたりの影響があるのでしょうか。

これからも自由にコメントしてくださいね。いっぱいでもちょっとでも~。私の毎日の楽しみです。元気のもとです。ほんとに。嬉しいです。
Commented by tomokot2 at 2006-10-08 06:57
喜楽院さん

これらの選曲は不思議です。

「JAZZ」
・ジェラシー

「ホットスペース」
・ラスパラブラスデアモール

っていうかこの2枚のアルバムもほとんどパスパス!で良いってことかしらん。

yesの「危機」より、Owner of the Lonely Heartの印象が強いMTV世代なんですけろ、ちゃんとアルバム聴こうかなっていう気持ちになりました。

そして、これからも好き~に自由~にコメントお願いします。でも、たまに本文に天才もとい転載してもよいような密書を送ってくれないかあって期待しちゃだめですか(^-^)
Commented by 喜楽院 at 2006-10-08 12:57 x
>メイド院様。
『クイーン入門編・喜楽院バージョン』、
不思議な選曲ですか?。
そうかもしれませんね。
だって、これらは実は…、
11月18日(土)、いまちツアーズのカラオケ大会において、
喜楽院がリードボーカルないしバックコーラスを担当する予定曲の
リストですから・・・。
Commented by tomokot2 at 2006-10-09 00:34
喜楽院さん

>喜楽院がリードボーカルないしバックコーラスを担当する予定曲の
リストですから・・・。

驚異のロックテナーを聴かせてくださるのね。
さすがは、ニセロジャー様ね。
ラスパラス・・・は、デュエットしたいな~。なんだか銀恋みたいと言われそうな、嫌な予感が・・・(-_-;)
Commented by DADA at 2006-10-09 15:55 x
ペルシャ猫さま はるさま みなさま こんにちは
アデリーさまのQueenとのなれそめと、それを受けての喜楽院さまのコメントを読んだら、ジーンときてしまいました。
アデリーさまのQueenへの愛情が素直に伝わってくるお話だと思いました。
私は、人目を気にし、自信がなく、心配性で、引っ込み思案な人間でした。(今でもそうですが。)
少し前にQueenに染まり、ある本で読んだインタビュー記事の中に、「読者にメッセージを?」と聞かれたフレディが、
「僕が言いたいのは『 Keep Yourself Alive 』これだけです。」という言葉がありました。
『あなた自身を生きつづける=自分らしく生きる』と私なりに考えました。
その時、「自分の心にもっと正直に生きてもいいんだ。」と心が洗われるような気持ちになりました。
それなのに、最近ブログや掲示板におじゃまするようになり、人目を気にし、奇をてらった、知ったかぶりの、身の丈以上のことを書こうとしていた自分を恥ずかしく思いました。
『 Keep Yourself Alive 』という題名の曲がファーストアルバム『Queen』の第1曲目に入っています。

Commented by アデリーペンギン at 2006-10-09 17:23 x
>ペルシャ猫さん
私が今のような重症のブライアンファンになった理由ですが・・・
私にQを教えてくれた従姉がブライアンファンだったので、その影響を受けたんでしょうね。

Qとの出会いには段階がありまして・・・
1.文通していた小学校時代の友達がQのファンだということで、初めて名前を知った。(彼女はジョンファン。彼のようになりたくて工業高校に入ったそうで。)
2.初めてMLを買った。その時に出ていたのがロジャの単独インタビュー。他にも読者の投稿で「ロジャ可愛い」だの「フレディ怖い(ごめん)」だのあったので、少しは興味を持った。
ロジャのインタビューに4人の写真が出ていたが、その時点では金髪のロジャ以外は誰が誰だか解らなかった。(フレディがどれかも!)
3.星占い。
4.↑の従姉。
5.PV。「ロジャよりブライアンの方がいい!」と彼についていく決意を。
  王子様に出会ったような大きなショックを受けた。

・・・と今に至るわけです。
Commented by アデリーペンギン at 2006-10-09 17:27 x
連投すみません。

>DADAさん&喜楽院さん
私の文章読んで下さったのですね。うわぁ~恐縮です <(_ _)>
Qネットを初めて見た時は、「私と同じ体験をした人がこんなにいる!」と感動を受けました。そして私もネットで私のQへの思いをぶつけてみよう、という決意の元にデビュー以来、本当に真の自分を出せる「自分の居場所」(家庭以外の)を見つけたようで嬉しかったし、毎日がとっても楽しいです。
Commented by 喜楽院 at 2006-10-09 22:36 x
>アデリー様。
わたしも、1997年にSWEETさんのサイトを初めて見たときは
腰を抜かしましたよ。当時、すでに誰からも忘れ去られているはずの
クイーン。でも過去の輝かしい栄光を知るそのファンたちが、
蟻のように群がっているサイトでした。
自分は、そのクイーンについて、一応そこそこの造詣の深さは
あるものの、当然、私なんか及ばぬ知識をお持ちの方は世の中に
相当数、いるはずだ。でも、そういう人たちには今後どうやったら
お会いできるの?。って、いつも思っていましたから。
ですから、このサイトに出会えたときは、正直、うれしかった。
ただ…同世代の女性が、理不尽なくらい少ない。
これは、どう考えても、余りにも不自然。
猛威を振るったティーン・エイジ・リアル・タイマーの残党の皆様は
たぶん、PCなんぞに縁が無く、子育てに没頭中なんだろうな、と
思いつつ。でも、いずれ、この世代の人々は何かのキッカケで
大挙してこのサイトに押し寄せてくるはずだ。そう、この場合、
期待と同義語でもある、その、ある種の確信を持っておりました。

Commented by 喜楽院 at 2006-10-09 22:38 x
>ともこ様。
あなたとデュエットで、アスパラガスのハモリですか。
ちゃはー。(照れてる。)
うふふん♪。いいねいいね。
銀恋?。・・・そうはならんだろ。
そうねえ…。
NOAの「今を抱きしめて」あたりが、私達には合っていませんか?。
吉田と仙道…ビジュアル的にも…。( ̄▽ ̄)

・スポーツ新聞各紙、及び業界騒然!
・あのペルシャ猫と喜楽院が、濃密なヴォーカル・ユニットを編成!
・演目はなんと、あの禁断の「ラス・パラ・ブラス・デ・アモール」!
・さくらと一郎「昭和枯れすすき」のリメイク、と上々の前評判!
・11月18日、いまちツアーズ前売り券、いきなり完売!
追加チケット発売に長蛇の列!


しょ、昭和枯れすすき~~~??。
Commented by tomokot2 at 2006-10-10 00:58
アデリーさん!
いっぱいいっぱいコメントありがとうございます(T_T)(T_T)嬉しいよ~。
しっかし、すごい記憶力ですねぇ。初恋の想い出だってこんなに鮮明には思い出せないですよ、私。
深い深い愛を感じて、また(T_T)(T_T)です。

>重症のブライアンファンになった理由ですが・・

これは、いいフレーズですねぇ。重症のファン・・・これぞファンの最高の勲章。生まれてきて良かったと思える人に出会えた喜び、そしてその人の痛みまで伝わってきてしまう。感じてしまう。
すご~~~く、ステキなお話、ほんとにほんとにありがとうございます(T_T)(T_T)(T_T)
Commented by tomokot2 at 2006-10-10 01:03
喜楽院さん
>ともこ様。

ついに本名で呼ばれた。はい、ともこよ~。tomokotだからね。公開してるけどね。
某英語サイトでは顔写真も公開してますが(教えてあげな~い)。

>吉田と仙道…ビジュアル的にも…。( ̄▽ ̄)
ほんとね!身長は同じくらいだね。すごいじゃん。あたしたち。

>・11月18日、いまちツアーズ前売り券、いきなり完売!追加チケット発売に長蛇の列!

いまちゃんの為に一人でもツアー参加を増やしてあげたいけどねぇ。
喜楽院さんのイケメン風弟さんが独身ということに設定したら若い女性が参加・・・する・・・かもよっ。
Commented by tomokot2 at 2006-10-10 01:11
DADAさん
フレディに特別な想いを持っていらっしゃいますよね。
彼のインタビューはファンだからというひいき目もあるかもしれないけど、大好きです。
優しさがあふれているんですよね~。彼の長いインタビュー音源を聴いたことがあるんだけど、声って色んなものが伝わりますよね。
彼の音楽もですけど、声を聴くだけで癒されちゃいます。
あ、ごめんなさい。自分のことばかり(^^;)

『 Keep Yourself Alive 』
明日からまた頑張ろう!ステキな曲をありがとうございます!!
Commented by アデリーペンギン at 2006-10-11 10:27 x
>喜楽院さん
そうですよね!自分達の世代って「PCって何?」「うちには小さい子供がいるからロックどころじゃない」「家族のために働かなきゃ」という世界。フレディ以降は完全にQから離れてしまった人達も多かったのではないでしょうか?その「リアルタイマー」と呼ばれる人達が「プライド」「ジュエルズ」をきっかけに大勢戻ってきた・・・私もその一人です。
うちでは2003年の夏にPCを買い、ネットを始めたわけですが、その「ブーム」に乗っかってQサイトをのぞいたら、たくさんいましたね。私と同じような人が。リアルタイマー、フレディの死後ファンになった人、プライド&ジュエルズからファンになった人、リアルタイマーを親に持つ若い子・・・今みんなと同じ楽しみを分かち合うことの喜びを強く感じています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< FAREWELL TOUR オ... 交流タイム ~はるさん編~ J... >>