ゲイリー・グリッターも参加してた!?ね?市長。
d0079799_2250681.jpgまたしても、Rainy Day Girl ドロたんが愛する男性がJCSにかかわっていたことが分かりました!
69年にレコーディングされたコンセプトアルバムに、後のグラムロックのキング、ゲイリー・グリッターが参加していて、「僧侶」の役で一節だけ歌っているんだそうです。(これは、もう少し調べておきます。)

ロンドンにおける音楽業界の人間関係は、米国ウェストコーストと双璧をなすでしょうと、ニセリッチー市長がおっしゃっていますが、ショービズの世界ってそういうものなんでしょうかね。中学生の頃はMusic Life誌をなめるように読んで覚えていたミュージシャンの名前は、今では私の記憶上きれいにデリートされており、何がなんだか、さっぱり~になってきました。


d0079799_2341998.jpgさて、JCSは、1970年に、ゲイリーもちょこっと録音にかかわっていた(笑)コンセプトアルバムがリリースされると米国でミリオンセラーになり、71年10月にブロードウェイで初演。レコードセールスは素晴らしいかったけど18ヶ月で終演。逆に冷ややかな反応に思えた英国では、72年8月にロンドンのパレス劇場で幕を開けると、8年ものロングラン達成という大記録で劇場史を塗り替えました。

ロンドン初演のジーザスはポール・ニコラス。おしもおされぬビッグ・ネームになりましたが、彼はジーザスはそれほど長く演じてないみたいです。人気者のポールは次々とお声がかかって(?)、JCSの次は、「グリース」に主演。後にCATSにも出演しました。ポールのジーザスは、ライフログに掲載しているとおり、1992年の20周年記念アルバムで聴くことができます。しかし、これはあくまで「記念」録音なので、初演当時の舞台を必ずしも再現しているとはいえないようです。

← 写真はロンドン初演当時のポール・ニコラス。マリアがちょっと怖い。

d0079799_2345993.jpg

私のポール・ニコラスのイメージはこっち→
なんですが・・・。ジーザスのポールは、本当にポール?



今日に至るまで、世界中でJCSは上演され続けており、熱烈なファンはそれぞれの音源や映像をコレクションしています。

私は、そこまでマニアックではないのですが(今のところ)、おさえておきたい音源や映像というのはあります。JCSマニアでなくても、楽しめたり、へ~というトリビアを見つけたらご紹介して行きたいとおもっております。
by tomokot2 | 2006-08-31 23:12 | JCSの俳優達 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/3681212
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ニセリッチー at 2006-08-31 23:42 x
急に呼ばれてビックリしましたが(笑)、ギランのところでJCSのアルバムを調べたところ、ゲイリーたんの名前はなく、多分一番最後に書いてあった〝others〟扱いです(汗)

ウェストコースト・サウンドとブリティッシュ・ハードも、ジェイムズ・ギャングにいたトミー・ボーリンがD.P.に行っちゃうことで繋がっちゃうんですけどね(他にも色々繋ぎ目ありますが・汗)
どんな世界も、縦横の深いものは面白いですね。
Commented by tomokot2 at 2006-08-31 23:56
夜中に驚かしてすみません。関東はすごい揺れ方をした地震があって、ひやっとした日でしたが。。。。
ゲイリーたんの本名は、Paul Francis Gaddというらしいです。ま、本名もグリッターも名乗ってなかったんでしょうねぇ。しかしさすがです。何でも知ってるますね~。魔女ジニーから・・・何までだろう。
トミー・ボーリンってすごい日本びいきだった?富墓林っていうアルバムがありましたよね?そのあとに亡くなっちゃって、印象に残っています。
ギランを聴きたいのに、JCSのコンセプトアルバム以外に手持ちがないことが分かりました(汗)。
Commented by ニセリッチー at 2006-09-01 07:19 x
ゲイリーたんの本名の方でも書いてありませんでした(-_-;)
やっぱり〝その他大勢〟扱い?(滝汗)

ギランも、D.P.のアルバムはすぐに手に入りますけど、IAN GILLAN BANDやGILLANのアルバムは入手がちょっと難しめかもしれませんね。
すみません、ギランよりカヴァディール派なので、私自身ギランの唄っているアルバムはほとんど持っていません<(_ _)>
Commented by tomokot2 at 2006-09-01 09:59
☆ニセリッチー市長
早朝からご丁寧に・・・どうもありがとうございます_(_^_)_
私は、MTVで、デビッドのIs This Love?と歌う顔に惹かれた口です(^-^) お顔だけじゃなくて、今度はお歌もよく聴いてみます(爆)。
ギランは、JCSはめちゃくちゃ良いので、それで満足しておきますわ♪
ゲイリーたんの声がどれかは、ほんとに数秒のソロらしいから解析ができないかも。。。ドロたんなら分かるのかなぁ(ぽそっ)
今日は東京は雨です。でも一日外出だ~。いってきまーす。
Commented by JCSエンスー at 2006-09-01 10:46 x
ペルシャ猫さん

以前にもコメントしたけどポール・ニコラスはロックオペラ『Tommy』映画版(1975)に主役トミーのいとこのケビン役で出演したるのだ。役柄がジーザスとはかけ離れていたので興味深く観てしまった。この映画『Tommy』でキャスティングされたのがロジャー・ダルトリー:トミー(ロジャーは1996にBBC RadioでJCSのLiveコンサートを行っておりJudasをやってるよ)、ピンボールの魔術師:エルトン・ジョン、マリリン・モンロー教の教祖:エリック・クラプトン、アシッド・クイーン:ティナ・ターナー、トミーのおじさん:キース・ムーン、その他アン・マーグレット、オリバー・リード、ジャック・ニコルソン等豪華な出演メンバーの中の一人としてキャスティングされているのだから、ポールはスターなのだね!(当然ピート・タウンゼンドとジョン・エントウィッスルも演奏者として全編に出演してますのだ)
ポールの写真72ロンドン公演の頃と20年後では印象が全然違う!垢抜けた感じがする。

(その2へ)
Commented by JCSエンスー at 2006-09-01 10:47 x
ペルシャ猫さん
(その2)
この映画は鬼才ケン・ラッセルが監督しており、最高の出来上がりだったと思う。(出会いは中坊の頃ビートルズの映画と2本立てでやってて観に行った記憶がある。この前もDVDで観てしまった。)
先日ブロードウェイミュージカル『TOMMY』が来日公演しており、観に行ったけど映画と違った演出をして観客を楽しませてた気がする。
最近の流行なのか生バンドスペースがステージの上に作られ、バンドが上手くてWWRYやMOVIN’OUTと同様ノリノリだったぁ!
1969年にロック・オペラ『TOMMY』のコンセプトアルバムが発表されており、JCSとは同時代のライバル関係で何かにつけ比較されているのだ。

ペルシャ猫さん
JCSの好敵手の『TOMMY』をブログで採り上げるのをリクエストするのだ。
ブロードウェイミュージカル『TOMMY』は1993年に公演されトニー賞も5部門受賞してますのだ。

PS:テッドのJCS映画以前の『TOMMY』の出演はコンサートとしての興行だったらしい。
Commented by ドロたん at 2006-09-01 13:12 x
ども、お呼ばれいただきまして39でした♪
ゲ、、、ゲイリー様でしたか...ゲイリー様のアホさ加減にはもういい加減、愛想をつかしてるドロたんです(苦笑)。。。それにしても、、、インパクト強すぎるんだってば!(笑
そっか~、69年かぁ...いい時代だなぁ...ゲイリーはともかく(笑)、そのアルバム、すっごく興味あります。聴いてみたい!

「TOMMY」はなんと言ってもキース・ムーンのイカれ具合が強烈ですよね(笑
Commented by tomokot2 at 2006-09-02 00:16
☆ドロたん
またまたご出張いただきまして_(._.)_どもどもです♪
ゲ、、、ゲ、、、たん、でした。すいません、古いことをまた蒸し返して(笑)。69年とか70年って私はアニメをたくさん観ていた年頃だったと思います。そしてテレビから印象的な音楽がが流れるのを聴いて、♪えるぴ~♪えるぴ~♪と弟と歌っていたような頃だったかな・・・。
JCSのコンセプトアルバムは、とっても良いですよ~。あ、いつかジャックブラックの「ヘロデ王の歌」は、音源がとれたら、すぐにドロたんにお知らせしますね(^-^)
Commented by tomokot2 at 2006-09-02 10:53
☆トミーやジョセフ、ヘアー、ピピン、ゴッドスペルあたりのミュージカルのことはいづれ取り上げることになるだろうな~と思っておりました~。
でもね~。ヘアー以外はちゃんと見たことないのね~。しかもヘアー見たのも大昔で記憶が・・・(汗)。
トミーをよく知る方にも書いてもらえるといいですよね~(^_-)誰だろう~?
そうそう、ポールはトミーに出ていたっていうのを書き忘れましたわ。
私は彼のことはCATSでのイメージが強いですね。
トミーの歴史は紐解くのに少々時間かかりますので、いつでもどなたからでもご感想やご紹介文を受付けまーす!
Commented by JCSエンスー at 2006-09-02 11:38 x
ペルシャ猫さん
皆さん

ONE NIGHT ONLY CONCERTのカーテンコールの動画をYOU TUBEで見っけ!
短いけど熱狂ぶりが伝わってくるゾ!
ジャック、ベン、イヴォンヌ、バリー順番に登場し、最期にテッドの登場では最高潮に達した感じだ!
ベン、イヴォンヌ、バリー、テッドの大御所達が抱き合っている姿にジャックも恐れ多く思ったのか?格の違いを感じたのか?まじめな顔でカーテンコールに応えていた!
YOU TUBEへ急げ!!↓
http://www.youtube.com/watch?v=zH_O7cE0RGs&mode=related&search=Jesus%20Christ%20Superstar%20Andrew%20Lloyd%20Webber
Commented by tomokot2 at 2006-09-02 11:50
すごい!!観てきましたよ!
ありがとうございます。
JCSにおよそ36~7年も前から真剣に向かい合い、ある意味自分たちのものにしてしまったスゴイ人たちであり、幸運な役者さんたちなんだなあと、尊敬します。
この場にいられなかったことは残念だけど、こうして知ることが出来て、私たちも幸せだと思います。やっぱり、FAREWELL TOURには行きたいですね。
公演日程もチェックしてみて下さい。どんどん増えてますよ~~。
Commented by いまち at 2006-09-02 23:35 x
JCSエンスーさん
TOMMYですかー。
拙者はWHOよりKINKSな奴ですので全く語れませんわい。
アルバムはもっておりやすが、TOMMYよりアーサーもしくは~のほうの
アルバムを好んで聞いていたす。
そのあとのコーラやショウビズ、不良少年~あたりは超大好きっす。
なもんで、こりは市長殿かドロたんにお願いするっす。
Commented by いまち at 2006-09-02 23:38 x
連投失礼。
コーラじゃなくてローラっすな。失礼ばば!もとい、をば!
Commented by JCSエンスー at 2006-09-03 11:38 x
いまちさん

KINKSすかぁ!
エゲレスの4大バンドでKINKSだけは手が出なかった! おいらYOU REALLY GOT MEは知ってるけどその他は無知なのだ。
ディスコグラフィを見たけどストーリー仕立てのアルバムが多いのにはビックラこいたもんだぜ!
これが映像化できるかどうかで下々の者まで伝わるんだよなぁ。でも音だけの方が良い場合もたくさんあるのでどっちがベターかは何とも言えないけど。(プログレのアルバムが全て映像化されても疲れちゃうもんね)
バンドのライブ・パフォーマンスの方がファンとしては燃えるから。(そう言えばELPの展覧会の絵のライブパフォーマンスビデオを観て感動したもの。だってどう演奏してるか不思議だったから!)

いまちさんのKINKS推薦アルバムのコンセプトとポイントを教えてくでぇ~!<m(__)m>
Commented by JCSエンスー at 2006-09-03 12:39 x
ドロたんさん

はじめましてです。
TOMMYのキース・ムーンは観た人は演技してるのだと思ってるみたいだけど、あれが普通(天然系)なのだから監督大助かりだよね。
先日NHK-BSでThe WHOのキッズ・アー・オールライトを観たけど、どう考えてもキース・ムーンが主役としか思えない!壊しまくってたゾ~~~~。
ロジャー・ダルトリーやキース・ムーンがメンバーにいるんだもの映画TOMMYのキャスティングもそりゃ楽だ!

グラム無知のおいらはゲイリー・グリッターを知りましぇーんでした。かつてのデビッド・ボウイしか知りましぇん。(あとT-REXだけ)
ゲイリー・グリッターはそんなにイカしてるの?キース・ムーンぐらいイカしてるの?

グラムの流れを知るためにDVDでSchool of Rockの中の黒板のロック相関図をみたらカテゴリーにGLITTER/GLAMと書かれてた!?Hard RockやHeavy Metalと同様にゲイリー・グリッターの名前がカテゴリー化されてるとは驚いた!ちなみにGLITTER/GLAMはPsychedelic Rockからの流れなのだそうです。う~~~~む、School of Rockは勉強になる。
Commented by いまち at 2006-09-03 23:38 x
JCSエンスーさん
キンクスのコンセプトアルバムのなかではやはり、アーサーもしくは大英帝国の衰退ならびに滅亡、という長ったらしいアルバムをばず聞いていただきたいものです。
フーがトミーをリリースしちゃったから、製作はトミーより早かったのに遅れてリリースされた同アルバムは真似しー、と酷評されたけど、内容はとにかく素晴らしいです。同名のTVドラマのサントラとして制作されましたが、TVドラマがお蔵入りしてしまった、というレイデイヴィスらしいオチもありやす。
大体、日本ではキンクスは人気なさすぎ・・・orz
次作のローラVSパワーマン、マネーゴーランド組第一回戦、という意味不明のアルバムでは、競争社会を、皮肉ってるし、この世はすべてショービジネス、では勿論ショービズの世界がテーマ。そして不良少年のメロディ(個人的には大傑作!)はノスタルジー溢れる学生社会のことをテーマにしていたりしていますぜ。どのアルバムも強力ですぜー。
Commented by JCSエンスー at 2006-09-04 18:28 x
いまちさん

KINKS情報アリガトございました。
なんか面白そうですね、機会があれば聞いてみたいと思います。
おいらは現在ミュージカルが最優先になっているので、ロックが聴けない状況なのだ!だからロックミュージカル(オペラ)に燃えてしまうのだ。
最近ではWWRYはおいらのストレス発散に最高の素材だったのだ~~~~!!ガク↘疲れた・・・
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Corey Glover 最新... ゲッセマネの園に踏み入ったジー... >>