30年前にタイムスリップ
以前にご紹介した73年の映画で主役を演じた俳優達が集うチャリティーONE NIGHT ONLY公演は、現地時間の8月13日に行われましたが、どんな様子だったかはまだ伝わってきません。
でも、その直前にLos Angels Times紙に出演者の短いコメントと興味深い写真が掲載されたので見てみましょう。

1976年、カリフォルニア州サンタバーバラを拠点にしたユースアメリカプロダクションは、JCS映画出演者、ニーリー、アンダーソン、イヴォンヌ・エリマンを招聘して野外公演を行いました。
d0079799_2159317.jpg
子供達が多数出演し、1ヶ月間の興行が成功したことから、主催者のジャック・ナカノ氏は、12歳から21歳の若者たちに舞台芸術を教育する非営利団体、カリフォルニア・ユース・シアター(CYT) の設立に乗り出します。このCYTで教育を受けた若者の一人がジャック・ブラックだったという縁で今回の同窓会コンサートでは、ヘロデ王で出演しました。現在は、ハリウッドのニュー・アイバー劇場が拠点となっており、ナカノ氏は名誉職に退いています。


d0079799_21595034.jpgさて、どうして↑上のJCSの舞台写真が興味深いか想像つきましたか?なんとジーザスの両脇にいる子供たち。現在、テレビ・映画・舞台で活躍している俳優に成長しているのです。
向かって左の美少年は、あのアンソニー・エドワーズなんです。
そう、ERのマーク・グリーン先生です!
d0079799_2221691.jpgそして右にいるのがエリック・ストルツです(古くはリッジモンド・ハイとかマスクに出てました)。アンソニーとエリックは南カリフォルニア大学ではルームメイトだったこともあるそうですが、ちびっこの頃から一緒に舞台に立っていたのですね。

今回の同窓会コンサートを演出したゴダード氏は76年、77年とテッド・ニーリーと同じプロダクションでの上演をしたことがあり、オリジナルメンバーのリユニオンについて話をしていたときに、ナカノ氏が今度は全米規模の教育機関ユース・シアター・アメリカを展開しようとしていると聞き、メンバーに打診したところ、速攻、コンサート出演が決まったそうです。
テッド・ニーリーは、「若者を舞台芸術に触れさせる活動を手伝えて本当に嬉しい。」そして30年前に出会ったナカノ氏のことは「劇場でみんなが仕事が出来るよう手助けすることが大好きな純粋で誰からも愛される人。」と述べています。
さてさて、益々、コンサートの模様が知りたくなってきました。YouTubeに期待しましょう。
by tomokot2 | 2006-08-14 23:04 | 公演情報 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/3575474
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by グリーンアイル at 2006-08-14 23:26 x
わわわっ!! 思わずパソコンの画面の前で大きな声を出してしまいました。ここでエリックの写真を拝めるなんて!!! 大サプライズです。
実は私エリックの大大大ファンなんです。パソコンを買ったのだってエリックの情報が知りたいがために買ったくらいですから~。それが… 今ではトニーのミーハー。(爆) こんなことになるなんてエリックゴメンネ~。
子供の頃のエリックの写真が見られてとても嬉しかったです。ありがとうございます。(#^.^#)
Commented by tomokot2 at 2006-08-14 23:46
☆グリーンアイルさん
そうでしたか!私あんまりエリックのこと知らなくって(スミマセン)。エリックの写真はどれにするか随分迷いました。役によって全然違って見えるから(汗)。これでよろしかったでしょうか~(笑)?
私は、グリーンアイルさんとこのトニーのユダのビデオのお陰でテッドにもたどりついたし、このブログはグリーンアイルさんのブログにお世話になって立ち上げられたようなものです。写真で喜んでもらえて私も嬉しいです♪
Commented by JCSエンスー at 2006-08-15 05:33 x
ぺるしゃ猫さん
グ、グリーン先生!衝撃的なERの最期からお目にかかってませぇ~ん。思い出し号泣うぇ~~~ん(ToT)。写真はトップ・ガンっていう手もありましたネ。トップガンでも思い出し号泣うぇ~~~ん(ToT)。
おいらの姪っ子がクラシックバレエをやっていて、小学生のうちから毎年アニー(青山劇場)に連れて行っておりやす。MUSICALの基本はバレエ!でその他ジャズダンス、歌、演技が必要なのだ、MUSICAL STARは凄い人達なのだゾと念仏のように唱えていたら、オ~マイガッ!『私の将来の夢はMUSICAL STARになること』って言ってくれました。嬉し号泣うぇ~~~ん(ToT)
高校卒業したらBroadwayで修行したいとの事!うらやまし~~~い。おいらも連れてって~~~~!
子供の頃の出会い・経験は一生に重大な影響を及ぼす事件なのですね(キッパリ)。
もし、おいらも子供の頃MUSICALに出会っていたら、今頃・・・!?ありえねぇ~!やっぱり鼻垂らして野山を走り回っているな。

テッドの写真はナイスです。初見なのだ。こんなすばらしい写真どこでゲットしたのですか?HOSANNAのシーンだと思うけど、テッドが結構若いからAD TOURじゃないと思うんだが?
Commented by tomokot2 at 2006-08-15 10:41
☆JCSエンスーさん
写真はLosAngelesTimesのネット記事からです。1976年のユースアメリカプロダクション公演です。そのときの出演者のみならず主催側も30年ぶりの再会が実現しました。
スポーツも芸術も子供たちの育成に力を入れるのは大切なことですよね。私は木馬座、NHKの子供ミュージカルに母が連れて行ってくれたことや、高校に野村万作氏が来て「棒しばり」を演じてくれたこととか、ずっと忘れられないし、そういう経験が自分でチケットを買って舞台をみにいくことにつながってます。
Commented by おみつ at 2006-08-15 15:21 x
tomokot2さん初めまして。お世話になってます、おみつです。
ブログ開設おめでとうございます。
とても綺麗なブログですね。配色もこれまた素敵。何処かで
見た事のある(笑)エリック君の写真に思わず固まってビックリして
書き込みさせて頂きました。tomokoさんの雰囲気ピッタリのブログで
何か落ち着きますね。また寄らせて頂きます。
(某所でお伺い立てていながら勝手にきちゃいました・笑)
Commented by tomokot2 at 2006-08-15 15:38
おみつさ~ん。ようこそ来て下さいました!ペルシャ猫。。。♪昔の名前で出ています(笑)。
自分の楽しみの為にやってるブログで、公開はしてますが、こうして来てもらうと、なんか照れくさいものですね。音楽から離れて舞台に夢中になった20歳前後の時代に衝撃を受けた作品で、今になってこれまで封印していたパンドラの箱を開けたみたいな感じです。2年前には10代の思春期を占領していたクイーンの箱も開けちゃったけど、そちらは沢山の素敵な出会いをもたらしてくれました(^o^)
このブログを通してまた世界が広がってく感じです。もしおみつさんが、おや?っていう拾いものを見つけてもらえたりしたら良いのですが。本当にコメントありがとうございました。うれしいっす(/_;)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< Corey Glover FAREWELL TOUR 公演日程 >>