アリーナツアーのアートについて
d0079799_2255360.jpgJCSアリーナツアーで使われているスローガンやポスターなどは、アンディ・ポッツというイラストレーターの作品です。

説明によると、アリーナツアーのセッティングが、現代の「占拠せよ」運動("オキュパイ運動/ウォール街を占拠せよから始まり、世界各地に飛び火した)をイメージしており、ポスターやスローガンは、ストリート・アートで有名なバンクシーやシェパード・フェアリーといったグラフィック・アーティストたちの作品を思わせるものだとのこと。

なるほど~。そういうところにも時代性を反映させたんだなぁと、一見、無国籍な混沌としたどこかの国のお話のようでいて、日本人の私たちも置いてきぼりを食ったような感じがしなかったのは、細部に至るまでちゃんと計算された製作側のこだわりのおかげなんだろうなと思いました。

アンディ・ポッツ(Andy Potts)氏の作品はこちらから見ることができますよ~。
by tomokot2 | 2013-03-20 11:00 | JCS作品&基礎知識 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/18371858
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< ベン・フォースター、朝からゲッ... アノ人もコノ方もベンジーとパチリ! >>