FLASHDANCE The Musical 舞台版フラッシュダンス
映画の「フラッシュダンス」がミュージカル化されてロンドンで上演中だそうです。

しかし、映画の印象が強いから、舞台にもってくるのは大変だろうな~って思う。
私はロードショー公開で観ましたけど、とにかく流行ったんですよ、この映画。
ブレイクダンスとかストリートダンスとか、一気に注目を集めて。
ファッションとかも、わざとやぶったデカTとかレッグウォーマーとか。
この直後くらいからな~、すごい勢いでスポーツクラブが出来たのは。
映画で主人公のダンスシーンをほとんど踊ったダンサーが、新しいスポーツクラブのポスターにでかでかと登場してたのを覚えています。

マイケル・センベロの「マニアック」 映画のシーンから。


映画のジェニファ・ビールス、ほんっとにかわいかったなあ!
でも、ダンスもチャリのシーンなんかもほとんど代役がやってるんですよね。
すごく上手につないであるんだけど、やっぱり筋肉のつき方が違うし、動きは全くスピード感が違うっていうか。
このダンサーのからだのラインの美しさ、動きのダイナミックさが映画成功の要因のひとつだったなあと思います。

舞台版のトレーラー。


映画の公開からちょうど25周年にあたる時期に出来上がったことは偶然だそうですが、プロデューサーにとっては感慨深いようです。ずっと舞台化したかった作品なんですって。
映画の設定を少しかえて、主人公アレックスが慕っていた年老いた元ダンサーを実の母親に置き換え、シングルマザーとして苦労して娘を育てて来たキャラクターにしているそうです。
それと、アレックスがバイトしていたクラブのダンサーの一人がドラッグの問題を抱えている、などの新たな物語と、書き下ろしの曲が付け加えられているそうです。

しかし、どうしたって映画と比較されちゃうから、主演女優さんは大変だな~~~と思います。
トリプルキャストくらいにしないと、からだもたないんじゃないかな、なんて余計な心配したりして002.gif
by tomokot2 | 2010-10-15 16:06 | 音楽・映画・MUSICAL | Trackback | Comments(15)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/12083151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bijou3369 at 2010-10-15 22:06
流行りましたねぇ。
(ラジオで)曲が流れない日は無かったくらいに。

>どうしたって映画と比較されちゃう

宿命ですね。
例えば、小説やマンガを映画化する際に賛否両論あるようなもので(違うかっ?)
Commented by いまち at 2010-10-15 22:14 x
確かにやたら流行ったですな。
勝手にミーハーミュージカルだといって意地でも観なかったのは
若気の至りです(苦笑)
まあ、サークルの練習の合間によくブレイクダンスを練習
していたのを思い出しますな(全然できなかったけど・爆)
Commented by tomokot2 at 2010-10-15 22:40
bijouさん

実際に舞台を見ないとなんともいえないけど、
わりとさわやかな青春ミュージカルになっているような
きれいにまとまってる感じがします・・・。
追加された曲が、もっとロックバラード調だったらなあなんてね^^
比較しちゃいますよね、やっぱり。。。
Commented by tomokot2 at 2010-10-15 22:41
いまちゃん

>ミーハーミュージカル

うん。PVをいくつもつなげたみたいな感じの映画だったよ。

>ブレイクダンス

あと、ウェストサイドのクールステップもでしょ?(爆)
Commented by axbxcx at 2010-10-16 20:34 x
映画、結構好きでした。 ペンシルベニアのご当地映画でしたし…。

実は「フットルース」も…。 ケヴィン・ベーコンのお父さんはよくお見かけしました。
Commented by tomokot2 at 2010-10-16 22:11
axbxcxさん

地元ってやっぱり親近感わきますよね^^

ところで、今日、たまたまエミー賞授賞式の再放送をやっていて、
キーラ・セジウィックが受賞して、隣に座っている男性がもしかして
ケヴィン・ベーコン?と思ったら夫婦だったんですね!
http://hw-p.com/male/k/ke/kbacon/

「フットルース」のときにケヴィンって25、26歳だったんですね。
ダンスシーンは彼自身だったはずですが、その後は踊る役って
ないみたいで、ちょっと残念に思った記憶があります。
Commented by axbxcx at 2010-10-17 07:52 x
はい、「刑事ジョン・ブック 目撃者」とか、「ロッキー」「バーディー」なんかは、
もうフィラデルフィアというだけで…。

へええ、エミー賞取ったんですねえ。 ベーコン、確かに何だか
シリアスな役とかやってますね。 私には、「アニマルハウス」のときの
イメージがいまもそのままですが…。(笑)

映画版「ヘアスプレー」でお父さんだったクリストファー・ウォーケンの
大ファンなんですが、若い頃の「ペニー・フロム・ヘヴン」を観て、
ダンサーだったんだ!と驚いたことがあります。

 「ディア・ハンター」とか「デッドゾーン」のウォーケンはもう最高です。
Commented by axbxcx at 2010-10-17 08:28 x
そう言えば、HBOのTemple Grandine、
5部門でエミー賞を取ったんですね。
受賞式、観たかった…。 

もう20年くらい前だと思いますが、
映画「レナードの朝」を観て気になって、
Oliver Sacksの本を続けて読みました。

その中にTemple Grandineのことを書いた
"An Anthropologist on Mars"もあったのです。

それ以来、彼女のことが気になっていて、
ラジオに出たときのテープを聴いたり、
彼女が書いた本を読んだりしていました。

6月にたまたまエミレーツの機内映画で
Temple Grandineを見つけたときは嬉しくて、
二度観てしまいました。
DVDもアマゾンですぐに予約しました。
Commented by tomokot2 at 2010-10-17 21:19
axbxcxさん

そうそう!>クリストファー・ウォーケン

あれ?誰かのPVで踊ってるのも観ましたよ~。
しかも、すごくいい踊りをするんですよねぇ。
こぉ、表現してるっていうのかな~。

>Temple Grandine

いっぱい受賞してたから、すごく観たいなと思いました。
ご本人?も来ていて、パワフルな感じの人でした。
HBOって、結構、いいものを作る環境を提供しているような感じがしました~。
Commented at 2010-10-18 02:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomokot2 at 2010-10-18 13:38
鍵コメさん

私、コメント書いてから、アレって思っていたんですが、はい。
入っていました!
すいません、まだたどりついていなかったんです・・・・申し訳ありません(大汗)
楽しみです!!!!
Commented by axbxcx at 2010-10-18 22:57 x
そう言えば、今回は機内でHBOの"The Special Relationship"を観たんですが、結構笑えましたし、面白かったです。 大統領も首相もあんなに普通の人間だったら、いいでしょうね。 おっしゃるよう、HBO、侮れませんね。 トム・ハンクスが製作総指揮したFrom the Earth to the Moonもよくできてました。
Commented by tomokot2 at 2010-10-21 21:07
axbxcxさん

機内でいろいろ観ることができるのはなかなか良いですね^^
私は今度は何をいつ観に行こうかな~。。。。
Commented by axbxcx at 2010-10-22 10:46 x
映画は100本くらい入ってたり、
過去の英国のNo.1ヒット曲を全部聴けたり、
最近の機内サービスは本当に助かります。

ハリウッド映画はほとんど機内映画で観てます。 
今回観た"Mother and Child"、
すごいストーリーだなと思ったら、
脚本がロドリゴ・ガルシアでした。

「彼女を見ればわかること」は、
強烈に印象に残っています。
Commented by tomokot2 at 2010-10-22 20:37
axbxcxさん

すごいですね~。 >100本

映画好きにはたまらないでしょうねぇ。

関係ないですが、新しい羽田空港には行ってみたいなと思います^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< テッド・ニーリー・ショップにポ... スティーブ・バルサモのアート作品 >>