ロックミュージカルの時代が来た~Rock and Roll's Day~
ogさんのコメントを読んですぐに、「5/26号のNewsweek誌」を買いに走りました!教えてくださってありがとうございます!!!

”ロックミュージカルの時代が来た”
時代遅れのブロードウェイをアップデートする「アメリカン・イディオット」が大ヒット

JCSをご存知のみなさま、当ブログを読んでくださっているみなさまは、昔からロックはブロードウェイ作品にあるじゃないの~とおっしゃることでしょう。そうなんです。"Hair"から"American Idiot"まで、ざ~っと代表作が紹介されていて、今度こそ(笑)、JCSも入っていましたわよっ。・・・ブロードウェイ初演のモノクロ写真だけで、本文には登場しませんけどねっ015.gif(笑)
記事は最近特にロックを使用したミュージカルが幅をきかせており、”世のブロードウェイ派は、ロックを呪っている”という書き出しで始まっています。オルタナティブ・ロック系とか、ヒップホップ系とかの音楽を使用した作品がヒットしているわけですよ。
で、いろいろ批判はあるようだけど、ごちゃごちゃしているからこそBWは面白いんだっていう見開き2ページの記事でございました。

今まで私は外国からのいわゆる”直輸入”プロダクションによる東京公演にはそれほど興味がなかったのですが、"In The Heights"とか"Avenue Q"も来日公演があると知り、なんとなく心は揺れております・・・。ちょっと観たいな~なんてね。

ところで、上の記事以外にもなかなかおもしろそうな記事がありました。
64ページの”無神論者が描く双子キリスト"なんていうショッキングな見出しの記事。
フィリップ・プルマン(Philip Pullman)著:"善人イエスと悪党キリスト(The Goodman Jesus and the Scoundrel Christ)"って知ってる方いらっしゃいます?記事を引用しますとね、

”・・・聖母マリアが産んだのは、イエスとキリストという双子だった。イエスは扇動的な説教師で、革命的なメッセージを訴えていたが、人目を引く奇跡など起こさなかった。一方、イエスの生涯を記録したのが双子の兄弟のキリストだった。キリストは兄弟のイエスより性格が暗く、内向的。キリストが事実を歪曲して伝え、それが新約聖書の記述の土台となり、さらにはキリスト教会の建設に道を開いていった。・・・”

というストーリーなんですって。日本語訳は出版されてないみたいですね。
by tomokot2 | 2010-06-01 00:59 | What's the buzz? | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://jcsfan.exblog.jp/tb/11195296
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by bijou3369 at 2010-06-01 13:57
>善人イエスと悪党キリスト

「キリスト」は姓などではなく称号であり、これを「イエス」という名に冠して使用するという事は、「イエスはキリストである」と認める事を意味する。

っていうのが一般的な考えですよね?
このフィリップ・プルマン氏に依ると「キリスト」は名前ってことになっちゃうのでは。
いずれにせよ、面白い話ではなさそうですね~。
Commented by tomokot2 at 2010-06-01 19:46
もともとこの作者はキリスト教の教育をしっかり受けた人だそうです。強硬な無神論者ではないんですって。いつも「私たちはどこからやってきたのか。人間とはいったい何なのか」を「誠実に」探求してているらしいんですよ。
まあね、面白い作品かどうかはわからないんだけど^^;

彼は児童文学作家で、「ライラの冒険」シリーズの作者。
あとでアマゾンサイトで立ち読みしてみようって思っています。
Commented by bijou3369 at 2010-06-01 20:53
>私たちはどこからやってきたのか。人間とはいったい何なのか

誰もが捜し求めるテーマですよね。
答えを得るのは非常に困難と思われますが…

>「ライラの冒険」シリーズの作者

ほぉう。
そうなのですか…って読んだこと無いですけど(^_^;)
Commented by lettuce at 2010-06-02 09:57 x
すごい強引設定だ~、って思ったんですけど。
『ライラの冒険』の人なんですかあ。
それなら読んでみたいかな。
って、邦訳ないなら無理ですが…^^;

イエス・キリストっていう1つの存在をあえて兄弟という物理的に分離した個体で、それぞれの側面を描く、って感じの本なんでしょうか。
イエス様って楽観的なんだか根暗なんだか…みたいに感じることもなくはないんで(暴言?^^;)

紹介文だけ拝見すると、なんとなく春先に観た映画『ウディ・アレンの夢と犯罪』を思い出しました。
Commented by tomokot2 at 2010-06-04 23:16
lettuceさん

アマゾンでちらっと立ち読みしてきましたが、童話みたいな文体で書かれていて、ファンタジー小説っぽいです。だから文章が短くて、読みやすそうでした。挿絵とかがあったらいいのに~なんて(苦笑)
買ってまで読むかは・・・まだ決めてません^^;;

>夢と犯罪

うー。その映画は知らないのですが、タイトルからしてもおもしろそうですねっ^^
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。



<< みんなロックで大人になった 5月の玄関 >>