<   2014年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

9月&10月の玄関

d0079799_0324351.jpg去年の9月は、JCSファンコンベンションで盛り上がってましたねぇ。
今年は、特に計画してないのですが、極々小さいテッド・ニーリーのお誕生日会をどこかでやるかも。

テッドにお誕生日メッセを贈ろう企画 開催中です。リンク先に飛んで読んでみてね~!
締切は9月18日です。

玄関の写真は、JCSファンコンベンションの時に参加者が差し入れてくださった特別ラベルのワインです。

このブログは、ロックオペラ、ジーザス・クライスト・スーパースターのファン(=ペルシャ猫)が、公演情報や資料等を見つけてきては記事にしていますが、その他のミュージカルや音楽などのことも話題にしています。(参考記事リンクはフリーですが、当ブログ記載の記事・写真等の無断転載・複製はお断りします。
Twitterアカウントは、@jcsfanjapanです。 まとめて読めるTwilogもあります。




これは表紙記事で、新しいトピは、この下に随時、更新されていきますので、どうぞご覧下さいませ。

◆はじめての方はこちらをお読み下さい◆
by tomokot2 | 2014-09-30 23:59 | What's the buzz?

カール・アンダーソンに感謝を込めて

テッド・ニーリーの近況アップデートによると、テッド、バリー、イヴォンヌ、73年組の共演は、複数回あったんですね。
ローマでは初日一回限りかと思ってた~。
この投稿(たぶん、現地時間の9月26日?)でテッドは、
「3人揃ってローマ出演する最後のショーだよ。次はヴェローナ!」
って書いてます。




そして、このローマ公演の道筋を作ってくれたのは、かつてイタリアでJCS公演に出演したカール・アンダーソンでした。
カールへの感謝の気持ちを込めて、テッドが映像をシェアしてくれました。



◆◆◆◆◆リハーサル風景◆◆◆◆◆
by tomokot2 | 2014-09-28 01:19 | 公演情報

EVITA作者たちの最新のお写真 @ ドミニオン劇場

意識してる。。。わけでもないのですが、トリビア好きな当JCSブログ。
ちょっとこのEVITAをスルーするわけにはまいりません。。。。

ロンドンのドミニオン劇場で『EVITA』がオープンしました。
Tuesday, 16th September 2014 to Saturday, 1st November 2014. Open 22nd Sep 14.
ということで、期間限定の上演です。




で、ドミニオンで思い出したのが、私が2006年に投稿した記事です。
四季版JCSが上演された場所であり、WWRY等、多くの作品が上演されてきた劇場。
(これを、”JCSトリビア”と個人的に認定いたしました~)

現地時間22日のオープニング・ナイト、ALW様&TR様との3ショットをツイートしたのは、
チェ・ゲバラを演じているMarti Pellow。49歳ってことで、ブロードウェイ版のリッキー・マーティンと
比較することもないんですけど、おじさまな感じですねw
UKツアーでもチェを演じてきたんですが、Wet Wet Wetというバンドで音楽活動している人です。


御大らの一番新しい写真、しかも一緒♪。。。ということでJCSファンとしては、なんだか嬉しい。。。
元夫婦的な(爆)でも、もう長年の友情で結ばれた色々あったカップル的な(爆)。。。
この方たちがあの日(どの日)、出会っていなかったら、今の私も無いと思っております。ほんとです。

そして、今回のEVITAで注目したいのは、Ben Forsterが、Agustín Magaldiを演じることですね!
エヴァがブエノスアイレスに出て行くきっかけを作った、色男タンゴ歌手です。
JCSファンなら、彼がUKアリーナのジーザスだったと、
もちろんすぐに気づくでしょう。。。(すごい変身ぶり)
本人、楽しそう~~
037.gif023.gif032.gif




マガルディについては、こちらのサイトに非常に興味深いことが書かれていますので、ぜひ読んでみてくださいませ~~~

◆◆◆◆◆蛇 足◆◆◆◆◆
by tomokot2 | 2014-09-23 11:13 | 音楽・映画・MUSICAL

テッド、バリー&イヴォンヌがローマで再共演!!

d0079799_9524651.jpgいよいよTed Neeleyのイタリアツアーが始まりました♪

今回のハイライトのひとつ、テッド・ニーリー、バリー・デネン、イヴォンヌ・エリマンが73年映画と同じ配役での共演が、イタリア、ローマのTeatro Sistinaで実現しました!








この夢の共演、次回は、10月12日、ヴェローナ(Arena Verona)です。
テッドのツアーは来年の1月1日まで続きます。
あ~飛んで行きたいな~~016.gif

★★★Tシャツほしぃ★★★
by tomokot2 | 2014-09-22 09:53 | 公演情報

ルイジアナ公演(2014年8月~9月)

d0079799_11554322.jpg米国ルイジアナ州の小さな劇場、The Cutting Edge Center for the Arts (Cutting Edge Theater)でのJCS公演について。

ある日、突然、同シアターのアカウントにツイッターでフォローされて、公演があることを知りました。

おぉ~、どんな感じ?って調べたらこの記事が出てきちゃって、ジーザスが蝋人形みたいじゃないっすか?
聖書のジーザスを意識してて、ロック・オペラだってこと、被写体もカメラマンもいまひとつイメージできてないのかな~~とちょっと心配な感じに。。。(^_^;)

主役のジーザス役、Cameron Welchくん、なんと20歳!

「僕、Jesus Christ Superstarっていう作品を全く知らなかったんです。
 "Superstar"は、聴いたことあったけど、舞台を観たことないし。」

そんな青年が、急に劇場オーナーに、「君は、素晴らしいジーザスになれると思うよ。」
と、言われたときには、????? 
それって、神の子の? Son of God?

みたいな反応しちゃっても無理はなかったんですね~
キャメロンくんは、これまで高校や地元のミュージカル公演に出演してきたけど
JCSを知るチャンスはなかったと。で、彼なりに勉強して、JCSは人々がイエス様に対して
持っているイメージとは違うイエス像を描いているが、基本的にはイエスの最後の7日間を
正確にたどっている。
JCSの歌詞を読むと、イエス様の人としての葛藤や苦悩が描かれていることが分かった。
正直、自分(キャメロンくん)も色々悩みがあって、役柄にそれを投影するんだけど、
今回、JCSに出演することになり、イエス=ジーザスが抱えていたほどのものと
対峙するのは初めてです。。。

というようなことをインタビューで語っています。
キリスト教の土台のある文化・社会の中で育ってきた青年が、これまで
漠然と、あるいはハッキリと抱いてきたキリストの最後を舞台で演じることの
難しさや意味を、しっかりと受け止めているんですね。。。

公演は、8月29日から9月19日までの5週間。金曜日と土曜日の夜のみ。
チケットは21.5ドル~

ちょっと心配?していたジーザスのビジュアルはこんな感じになってた~
(よかったよかった)




マグダラのマリアは、Jessica Bayard。
実年齢でいうと、ジーザスより14歳くらい年上なんで、
包容力で包んでくれる感じかな。




ジェシカさん、ありがとう~♪フェイスブックに写真をアップしてくれて!
衣装を着けたご本人と、Jesus,Judasと一緒の写真。
JudasのBryant Laicheさんの情報は少ないんだけど、ミュージシャンでもあるようです。
なかなか専業で俳優をやるのは難しいと思うけど、みんな頑張ってるんだw




で、会場のカッティング・エッジ劇場ですが、
昼は美容院、夜は劇場に変身~。
ギャラリーや各種お教室としても使われるというユニークなつくり。
今回のJCSは、より充実した劇場スペースを備えた改装後初の演目だそうです。
お客さんもたくさん入っているようです。


◆◆注意◆いきなり音が出る映像があるので、一応、折りたたんでおきま~す◆◆◆
by tomokot2 | 2014-09-08 11:57 | 公演情報

明日から始まるDAZZLE 「花ト囮(はなとおとり)」

明日(9/6)とあさって(9/7)に東京国際フォーラムで公演があるDAZZLE「花ト囮(はなとおとり)」のゲネプロを見学してきました。

興味を持ったのは、坂東玉三郎がDAZZLEのパフォーマンスを高く評価して、来年3月に自ら彼らを演出し、東京で公演をするということ。

それと、たくさんのメディアがとりあげていて、その実力は海外で認められているということ。
リーダーの長谷川達也氏がカリスマ性のある人なんだろうな~と思って
期待して観てきました。

東京国際フォーラムのホールCは、1,500人も収容できる大きな会場。
どんなふうに会場を使うのかしらと興味津々。

d0079799_23411422.jpg
(この1枚のみお手軽ブログ提供)

d0079799_23824100.jpg


ところどころで、ライトのコントラストがとっても美しかったです。
ちょっと、ライティングが暗い場面が多いかな~という印象はありました。
暗い部屋でテレビを観るときに、目がチカチカしちゃうような感じがしました。
小さい会場だと効果的かもしれないですね~。

DAZZLEの真骨頂は、障子や唐傘を使った、非常に緻密で繊細なダンス。

障子を操るパフォーマンスは、一見の価値あり!

ほんとに、凄かった!!!!
あそこまで、障子を使いきって、ダンサーたち全員が、
コントロールできるって、見事としか言いようがないw

障子は、引き戸になったり、長い廊下で影絵のようになったり、文字を映すスクリーンにもなっていました。
少しでも、タイミングがずれると、全く成立しないであろう取扱いが難しい障子を使った
振り付けはユニークでオリジナリティにあふれていて、
海外でも高く評価されてるのは納得!

『花ト囮』は、ダンスだけじゃないんですよ。
ちゃんとストーリーがあって、昔、むか~しの怪談話みたいなんですよ。
思い出したのは、子供の頃に読んだ、ちょっと怖い漫画のページをめくっていくようなゾクゾク感。
あ~、もしかして、こういうの玉三郎さん好きかも~なんて、ちょっと思っちゃったw

美しい写真は、yaokiさんのブログ『お手軽ブログ』で



d0079799_238427.jpg参考記事 ダンス原点 幻想舞台 ダンスカンパニー「DAZZLE(ダズル)」

チケットぴあ演劇ニュース

海外でも絶賛!代表作『花ト囮』待望の再演を行う注目のダンスカンパニーDAZZLE長谷川達也インタビュー

日テレニュース

公演ごとにきっとどんどん変化して行くんだろうな~と思いました。
そして、私のように新たにファンを獲得して行って欲しいな~と、DAZZLEの今後に期待したいと思います!

More
by tomokot2 | 2014-09-05 23:23 | ペ猫が観た舞台・ライブ

2000年BW版プレビューのニュース映像

あれ?これ、前からネットに出てたの???
2000年のBW版のリハーサル映像。

このときまだ、Judasは、Jason Pebworthだったじゃん!
プレビュー中にTony Vincentが急遽Judasを演じることになったというショッキングな交代劇があったBW版。



JesusとJudasのシーンがちらっと映るけど、
やっぱりトニーで良かったよねって思ってしまいまふ。

それにしても、グレン、美しい。。。
これは、嫉妬されるだろ。うんうん(何のことか分からない方は、当ブログ2006年開設当初の記事に書いてあります029.gif

トニーに代わる前のTV用トレイラー映像があったんだけどね、
それがすっごいかっこいいんだけど、YouTubeからは消えててすごい残念。

幻のJudasさんの写真は折りたたんでおきました~。

More
by tomokot2 | 2014-09-02 23:20 | JCSアーカイブス

ALW氏、JCSアリーナツアー中止の訴訟を起こす

ちょっと調べものをしていたら、7月の終わりころの記事がいくつか目に留まりました。

Jesus Christ Superstar北米アリーナツアーのキャンセルについて、ALW側は、プロデューサーのマイケル・コール(Micheal Cohl)を訴えるというものでした。

Really Useful Group(ALWの会社)は、一方的に、しかもツアー開幕直前に突然キャンセルしたプロデューサーの責任は重大だとして、訴訟を起こすと発表しました。

沢山のメディアが取り上げていて、見出しは色々ありましたよ~。

What's The Buzz? ALWがSuperstarプロモーターのマイケル・コールに対して法的手段に出る構えとか、

ALWは、右の頬を打たれたら、左の頬をも差し出すことはしない
、とかいうのもあった。
↓ あ、コレだ。
7月29日付ニューヨークタイムスWEB版(初見のジョン・ライドンの写真があって、それは嬉しい)

マイケル・コール氏は、
「チケットの売り上げは酷いもんだった。
 有名人を主役に揃えたツアーのコストは”8ケタ”になる。(何十億円ってこと)
 キャンセルしたのは当然の判断だろう。」
というような主張をしています。

RUGの役員、Barney Wragg氏は、ツアーの為に多くの関係者が大変な労力を注ぎ込んできたにも関わらず、
直前のキャンセルによって、個人的にも財政的にも甚大な被害を被った。
RUGは、裁判に持ち込まずに、なんとか和解していく方法を模索したが、多くの契約事業者への支払いを行うためには、もはや法的手段に訴えるしか方法が無いと判断したんだと。

また、興業的には、UK及びオーストラリアでの成功例をあげています。
チケットの売れ行きについては、コール氏の言うことが事実だったかどうかの
数字的な裏付けはどこにも見当たりません。そういうのってメディアでは公にしないよね、きっと。
ただ、中止直後、チケットを扱うエージェントが、売り上げは伸びていたと言っている記事を読んだことはあります。

CBCnewのサイトには過去のマイケル・コールの『スパイダーマン』に関係した2012年の訴訟記事へのリンクがありました。
『ライオン・キング』の演出家として知られるジュリー・テイモアは、『スパイダーマン』のBW初演準備中に生じた数多の技術的な問題で、
初日が遅れたことを理由に演出家を降ろされ、代わって、マイケル・コールらが新たな脚本とステージングを組んで5月に開幕したときには、
彼女の名前はクレジットされていなかったと。
で、彼女は契約破棄を不服とし、ローヤリティの損害と名誉を著しく傷つけられたとしてコールらを訴え、
向こうも訴え返していたのが、一年かけてやっと和解に至った。。。しかし、
ほんとにそのまま収束するかな~というような記事。
その後どうなったかは、追っかけてませんが、『スパイダーマン』は興業的にふるわず、
出演者が怪我をしたり、事故も多かったよね~。
その割に2年以上もかかってたんだけどね、クローズしたね。。。
あと、ジャニス・ジョプリンのも、なんかもめてたのかな。。
とかく、やっかいな問題と関わって来てる印象がありますよね、コールさんて。。。

Superstar公式サイトの、マイケル・コールの動画は、非公開になってる 

訴訟を起こすニュースは7月末で、今はもう9月。
進捗状況は、ネットで拾えていませんが、
何か新しい情報が入ったら、また、ブログ記事にしたいと思います。

ジーザス・クライスト=スーパースター スペシャルBOX(初回生産限定) [Blu-ray]




More
by tomokot2 | 2014-09-02 21:06 | 公演情報

アマゾンco.jpで買えるTed Neeleyのアルバムなど

テッド・ニーリーはもともとドラマーであり、シンガーで、今も現役で音楽活動をしているということは、
このブログのタグ テッド・ニーリーの記事をたどるとたくさんできてきます。

d0079799_204268.jpg


もちろん、テッドの個人サイトで購入できるものもありますが、
日本のアマゾンでCDやDVD、ダウンロード購入が可能なものを
まとめてみました。
海外のサイトで購入するのをためらっている方、いかがでしょうか~。

Workin for the Words MP3ダウンロード
テッドの最新オリジナルアルバム。試聴できますよ~。

Workin' for the Words




Rock Opera テッドが歌うTommy曲も入ってます、感動もんです。MP3ダウンロード。
試聴できますよ~。

Rock Opera




EPレコードw
JCSのあとにリリースしたものです。
ジャケットがいい男風ですねぇ。

我が心への贈りもの [EPレコード 7inch]




ブログで紹介したことのあるユリシーズはCDとDVD両方あります。

Ulysses the Concert




以前、ブログで紹介したラスプーチンのキャスト盤が、なんとダウンロードできます。
詳しくは、こちらの記事をどうぞ
試聴できますよ~。

Rasputin (Producer's Edition)



by tomokot2 | 2014-09-01 11:45 | ジーザスたち

テッド・ニーリーのお誕生日のために

テッド・ニーリーは今年9月20日に71歳になります。

昨年は、JCSファンコンベンションで盛大にテッドのお誕生日をお祝いしましたが、
今年は特に企画しておりません。
(突然、こぢんまりと祝宴をやるかもしれませんが。。。)

テッドにお誕生日のフォトメッセージを贈ろうと思っています。
ファーストネームを添えたい方は、こちらのコメント欄かツイッターで
希望する名前(できればわかりにくいHNは避けてもらえると助かる)を
教えてください。(鍵コメにすれば、名前は私にしかわかりません)
または、ペルシャ猫まで個人的にメッセをくださいませ。

追記:もし、イラストを描ける方はそれを添えるのもすごく喜ばれると思います。
或いは、お宝写真(ご自分が所有しているLP盤やパンフ等)をコラージュさせてもらいますよ~。


※もしかすると、テッドがフェイスブック等で紹介する可能性もあるので、ご了承くださいね。

締切は、9月18日でお願いしまーす。

d0079799_1305646.jpg

by tomokot2 | 2014-09-01 01:32 | What's the buzz?