<   2013年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

9月の玄関

d0079799_14473886.jpgいよいよ今月21日はファンコンベンション!

これまでに東京近郊だけでなく、全国津々浦々からの参加表明をいただいています。
一人で行くのはちょっと心細いという方、きっとJCSが好きという共通項のある方たちとすぐにお話がはずむと思いますよ~。飲み物を片手に、自分の心地よいスポットを見つけて楽しんでください。
途中参加、中抜けをする方たちもいらっしゃいます。なにせ6時間もやってますから、下北沢の街に出て気分転換してきてもよいですし~(*^_^*)

コンベンションの詳細は⇒ こちら

おひとりでも多くの方にコンベンションのことを知っていただきたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします☆

このブログは、ロックオペラ、ジーザス・クライスト・スーパースターのファン(=ペルシャ猫)が、公演情報や資料等を見つけてきては記事にしていますが、その他のミュージカルや音楽などのことも話題にしています。(参考記事リンクはフリーですが、当ブログ記載の記事・写真等の無断転載・複製はお断りします。
Twitterアカウントは、@jcsfanjapanです。 まとめて読めるTwilogもあります。




これは表紙記事で、新しいトピは、この下に随時、更新されていきますので、どうぞご覧下さいませ。

◆はじめての方はこちらをお読み下さい◆
by tomokot2 | 2013-09-30 23:59 | What's the buzz?

JCSファンコンベンション 報告(3)

032.gif会場準備

d0079799_12315957.jpg会場に入ると、今回、協賛者として全面的にご協力いただいている、ミュージカル・ワークショップ・グリーンルームのちばさんが、すでに劇団四季関係資料を壁に展示をほぼ終えており(ほぼ、というのは、私が資料を持ち込むのが遅れていたため)、会場の設営を一人でテキパキと進めておられた。テーブルや椅子の配置、照明ひとつひとつに至るまで、この会場で何度もイベントを開催しているだけあるな~と感心。。。

している場合じゃないぞ、ぺ猫。


d0079799_12293788.jpgさっそく、持ってきたスーツケースやバッグの中身をどんどん取り出し、

「これは、映画関係だから受付のテーブルにね。」

「こっちは世界のJCS資料なので、このテーブルの上。」

と、お手伝いしてくれる方たちを手当たり次第に使いまくる。。。

キッチンコーナーでは、グリーンルームの関係でお手伝いに入ってくださっているEmilyさんが準備に追われていた。


私がもたもたしている間に会場入りしていたのは、さきほどの面々だけではなかった。


d0079799_12342337.jpg


今回、ジーザスとユダ役のいくつかの曲を歌う予定のCHATOさんや、事前練習のうえギター持参で早々にはせ参じてくれているtarokenさんが、ピアノ伴奏者の周辺ですでに準備を始めていた。
また、かなり遠方からの参加となる女性は、ピアノと音合わせをするために私が来る前にすでに練習を終えていたらしい(大汗)

初対面のお二人との挨拶もそこそこに、ワークショップ形式の歌会の打ち合わせをJCSエンスーさんとしたり、受付のニセリッチーさんに参加者リストを渡したりしていたのだが。。。許容範囲をとっくに超えたぺ猫が的確なお願いができるはずもなく(爆)、受付で伝達事項があったのに、ほとんどの項目が頭から抜け落ちていたことは、その時にはまったく気づかなかった。そのため、日ごろからお客様対応に定評のあるニセさんの機転に助けられて無事にみなさまに受付を通過していただくことができたのです、ほんとに。

時計を見るといつのまにか、午後2時45分。

うん?オープニングまでに来場すると連絡がとれていたメンツがまだ来ていない。。。。これで会場はいっぱいになるんだろうか?

しかし間もなく、私のよく知った皆さんが受付を通ってくるのが見え始めた。

「わ~~。今日はよろしくね~!」

「きゃ~~、もっと遅くなるって聞いてたのに、こんなに早く来れたの?」

「□□□ちゃんと同席がいいかな?」

「資料もいっぱいあるからね~。」

そして、もちろん。はじめましての方たち。

「あああっ、●●さんですよね?」

若い女性のグループや男性が中心のグループも。

「みなさん、ジーザスが好き・・なんですか?」

・・・と、主催者とは思えない、とってもマヌケな質問でお迎えするぺ猫。。。。
だって、ほんとにこんな若い人たちが参加してくれるなんて、予想してなかったんだもん。。。。

ハンドルネームでしか知らない初めて私に会う方たち、しかも一人で参加、という女性たちは少々緊張の面持ち。

「こっちのテーブルへ~。」

と、うら若き女性たちをご案内したのは、当ブログ常連・うさぎさんのいるテーブル。

「みなさん、おひとりでいらしてるの~。よろしく~。」

・・・・って、明るくて、気さくなうさぎさんの輪に入っていただく。。。

と、そこへ、ミクシィのJCSコミュニティーの管理人さんが、以前、コミュで作成したTシャツ2枚を寄贈したいと、仕事の合間を縫って駆けつけてくださった。

ありがたい。
ほんとにこういう気持ちに支えられて、迎えられた日だ!

・・・すると!!!!!

なんと、プラチナブロンドにキラキラ・ミニドレスのエンジェルが登場!!!!!
コスプレ宣言していたミヤミヤちゃん※が、みんなの度胆を抜く!!!!!!!

いきなり撮影たーーーいむ♪053.gif

※ご本人に承諾をいただいたら9変化のお写真をまとめてアップさせていただくかも。。。
ほかにもみなさんのブログのリンクをまとめて貼るとか、総集編も作りますが、とりあえず、今は報告を先にすすめていきます。。。

そーこーするうちに。。。。。うわっ。。。もう、3時15分???

すでに、スタッフ含め40名近い人たちで会場はほぼ埋め尽くされ、
楽しそうな会話や笑い声があちこちかで湧き上がっているのがわかった。。。

★★★★★★つづきはこちら★★★★★
by tomokot2 | 2013-09-28 13:31 | What's the buzz?

【緊急告知】JCSファンコンベンションに参加した皆様へ

9月21日のJCSファンコンベンションに参加した皆様へ

お待たせしました~!

当日、(自ら)カメラマンをしてくださったY.Aokiさんが、写真を提供してくださいました。
参加者さんにだけ、写真共有サイトのURLをお知らせします。(ただし、携帯電話からのアクセスはできません。)
いま、メールアドレスがわかる方たちに順次ご連絡をとっています。
まだ、自分はもらっていないという方、ちょっとお待ちくださいね。
そして、私にメールアドレスを知らせていなかった!という方は、右のメールフォームから、またはツイッターのDM、あるいは当ブログ上のコメント欄に、非公開でお知らせくださいませ。

また、ご希望の方には、AokiさんがCDに焼いてくださいますので、受け取り方法についてご相談しましょう。

写真の取り扱いについては、一般的な常識の範囲でお願いします。また、ツイッター、ミクシィ、フェイスブック、ブログなどで使用する際には、
撮影者がY.Aokiさんであること⇒ Photography By Y.Aoki
とか、Photo courtesy of Y.Aokiとか、写真提供:Y.Aoki という感じで。
そして、AokiさんのブログのURL⇒ http://yaoki60.exblog.jp/ を貼っていただけたらと思います。

参加者のみなさま、楽しいあの時間がよみがえりますよ~。
Aokiさん、素晴らしい一瞬をたくさんとらえてくださってありがとうございました!!

また、当ブログでコンベンションの報告を連載しています。いろいろな情報を盛り込んであの日を再現していきますので、どうぞお読みくださいね~~♪

d0079799_1244896.jpg
さっそく、この写真は、Y.Aokiさん撮影です。
Photography By Y.Aoki
by tomokot2 | 2013-09-28 01:46 | What's the buzz?

JCSファンコンベンション 報告(2)

032.gif前日まで

今年の9月21日(土)は三連休の初日。
お彼岸ということもあって、どうしても都合がつかなくて参加できないというお返事を何人もの方からいただいていた。そういう方たちのことを「魂の参加者」と勝手に名付けさせてもらうことにした。

逆に土曜日だから出られるという方もいて、主催者としては、都合のつく方にはおひとりでも多く来ていただきたいと、本気で祈っていた。
「え?ファンコンベンションなんてあったの?行きたかったなあ」
という方が少ないように、あちこちで宣伝し、ツイッターではしつこいくらい呼びかけた。

すると、私の執念の祈り(笑)をジーザス様が天上で聞いておられたのか、コンベンションの前日まで、参加の申し込みの連絡をいただいた。

なかには、一瞬???となるものも(笑)ハンドルネームでリストを作って、果たしてみなさん、どれが自分かちゃんとわかるかな~。たとえばね。。。

「はじめまして」という書き出しで、同じハンドルネームの方が同時に参加連絡をしてこられて(笑)、一方はローマ字で、もう一方はカタカナ。。。という方たちがいた。。。

参加するよ~という連絡を大昔にいただいたけど、その後の確約がとれていない人や、調整してますというままになっている方も少なくない。。。

頭の中を整理してメールに返事を書き続け、メールやブログ、ツイッターをチェックしては参加者リストを書き換えて行く。

仕事の所要の合間に近所のトランクルームに行き、預けてある資料やスーツケースを引っ張り出して、明日に備える。

そんな中で、持ち出す資料が足りないという事態が発覚。え~。残りはどこへ?ぐあっ。。。本棚を整理したときのあの箱の中か。。。ってことは、都内にはないじゃないか。隣県の倉庫に運んじゃった。。。Orz
あ~何か月もあったのに、自分が一番だめだめだな~と申し訳なくて、落ち込みそうになったが、もう仕方ない!
取り返しはつかないので、とにかくベストを尽くすだけ~。
もう何日も前から、頭の中はコンベンションのことでいっぱい。

でも、不思議と不安はなかった。
ぜったい、ぜったい、楽しい会になる。
間違いない。
6時間なんてあっという間だから、やること全部詰め込まなきゃ。
あれとこれと、それとこれと。。。メモ帳に書き留めていく。

★★★★★★つづきはこちら★★★★★★
by tomokot2 | 2013-09-27 17:43 | What's the buzz?

JCSファンコンベンション 報告(1)

d0079799_1533444.jpgこの度は、JCSファンコンベンションにご参加いただいた皆様、
どうもありがとうございました!

そして、これまでこのJCSブログを支えてくださった皆様、また参加はできなかったものの、開催告知の拡散やサポートをしてくださった皆様、心からお礼申しあげます。

怒涛の6時間(または8時間)、
とっても、と~っても、楽しかったです!

コンベンションの最後に、「私は楽しかったですが、みなさんは?」という私の問いかけに、「オーッ!!」と答えてくれた参加者さんたちの声が今も耳に残っています。

当日の様子は、何回かに分けて連載したいと思います。
私の視点と記憶で書きますので、抜け落ちている部分等、皆様で補ってくださいね~。

3日経った今も、まだ興奮冷めやらないという声をたくさんいただいています。
ありがたいことです。

さて、私がレポを書くにあたって、お願いと確認があります。

以下を読んでいただけますか~?


携帯やデジカメ、ビデオで当日の記録データをもっている方にお願いがあります。


1.名札をつけていましたので、ハンドルネームや本名が映り込んでいる写真は、名前の部分を消すかぼかす処理をしてからアップしてください040.gif

2.映像は、YouTubeなどにアップロードしないで、個人でお楽しみください040.gif

3.私は映像データをネット上に公開する予定は一切ありません009.gif

4.写真については、当日、ブログで紹介していいですか?と、お聞きしたときには、特に控えたいという方はいらっしゃいませんでしたが、もし、不都合を感じる方がいらっしゃったら遠慮なく私にご連絡ください。お顔がはっきりわかる写真は、個別に了解をいただいた方以外、このブログに掲載いたしません034.gif

5.万が一、望まないデータがネット上に出ているのを発見した方や、プライバシーに関わるのかも?と気づいた方は、すぐに私にお知らせくださいませ040.gif

以上のことは、あの素晴らしい思い出が苦いものにならないようにするために細心の注意を払いたいという私の切なる願いに基づいたものです。

ご協力よろしくお願いします&すでに色々お気遣いいただいている皆様、どうもありがとうございます!

032.gifオッケーー032.gif

では、当日の様子を順を追って書いていきますよ~~~♪
by tomokot2 | 2013-09-24 15:09 | What's the buzz?

トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団

9月21日のJCSコンベンションの準備の合間を縫って、来日中の『トロカデロ・デ・モンテカルロバレエ団』の東京公演を観てきました。
すぐに感想をアップしようと思っていたのですが、コンベンションの準備に大わらわで今日になってしまいました。本来ならコンベンションの報告記事をあげるタイミングなんですけど、まだ、全然、書ける状態になっていないので、書けたものからアップすることにしました~。

d0079799_50578.jpg

トロカデロの日本公演は2年ぶり。

9月16日の演目は
第1部 
ショパニアーナ
休憩 15分
第2部
「ドン・キホーテ」のパ・ド・ドゥ
「タランテラ」のパ・ド・ドゥ
ゴー・フォー・バロッコ
瀕死の白鳥
休憩 15分
第3部
ローレンシア

日本公式サイトに演目紹介があります。

どれも楽しくて、ついつい声を出して笑ってしまいます。
ステージの上で起こっているすべてを見落とせないというか。。。

クラシック・バレエの舞台を観ると、バレリーナたちは、こ~おすまししているっていうのかしら。
もちろん「素」の感情なんて出せないんだけど、トロックスのバレエでは、ほんとうはバレリーナたちは心の中でこんなこと思っているのかも?と思えてくるような、そんな楽しさも感じました。

「あら、いいオトコ♪」
「きゃ~~、急いであっちまで移動しなきゃ、間に合わない」
「なにさっ、邪魔しないでよ」

みたいな。。。ね^^
あ~、私にもっとバレエの知識があったら、もっともっといろんな細かい技術的なことまでわかって楽しいんだろうな~って、ちょっとそこが私的にもったいない気がしちゃうくらい。。。内容が濃いです。。。

最後の「ローレンシア」は、新しい演目とのことですが、新作といっても初演は1939年レニングラード(現サンクトペテルグルグ)のキーロフ劇場だったそうです。それをどうしてトロカデロがレパートリーに加えたのか。。。そのいきさつについては、2012年12月24日付ニューヨークタイムスが詳しく伝えています。

来日公演プログラムで、トロカデロの芸術監督、トーリー・ドブリン氏が語っている中に出てくるのがこの記事を指していると思いますが、同紙がとりあげたことでバレエ・ファンがこぞって観に来たんだそうです。

記事によると、ドブリン氏は、この「ローレンシア」を80年代の初めころ、テレビで観たのが忘れられなかったのだそうです。ずっと演目に取り入れたいという構想はあったものの新作の製作にはあたって財政的な厳しさがあって、各財団の支援を得てやっと2011年にジョイスシアターとの「ローレンシア抜粋版」の上演契約にこぎつけたんだそうです。

面白いのは、彼等の手元にあった作品の資料は、YouTubeの映像とカセットテープの音楽だったということです。そこからトービン氏はエレーナ・クニコーヴァさん(演出)の助けを得て、16分間の抜粋バージョンを構成することにしたんですって。

初演「ローレンシア」の振付をした故ワフタング・チャブキアーニ(Vakhtang Chabukiani )氏は、のちに”choreodrama”コレオドラマと呼ばれるスタイルの発展に貢献したそうです。ソビエトの政治思想に基盤を置いた物語があって、テーマを強調し、ダンサーの高い技術力に加え、演技力も要求するというのですから、かなり特殊な感じを受けますよね~。

でも、トービン先生(つい、そう呼びたくなる)は、そういう特異性のあるものを観客にみてもらうのがトロカデロのミッションであると思っているそうなんですよね。西欧のバレエとロシア独特の民族性豊かな舞踊を融合させるっていうのでしょうか。実は、友人の案内でトービン先生とバックステージでちょっとだけお会いすることができたのですが、とても穏やかで気さくで温かみのある印象、でもすごくどっしりとしたプロデューサー的な貫禄のようなオーラを、ふっ、ふっと放つ、すてきな芸術家だな~と感じました。

ところで、ワフタング・チャブキアーニ(Vakhtang Chabukiani )の映像はYouTubeにいくつかあって、あまりにもそそられるのですが、今はちょっと時間の都合で、私はそこを追及しに行ってはいけないよ、と自分に言い聞かせています(^_^;)

23日と29日の公演演目に「ローレンシア」が入っていますから、興味のある方はチャンスだと思います。

あ、もちろん、「瀕死の白鳥」は健在(笑)
1羽で出てくる日とそうじゃない日もあったり?(笑)
トロックスというと、これの映像が出るから、ある意味見慣れた感はあるんだけど、
ナマで経験する瀕死・・・は、これぞトロカデロ♪という要素がいっぱいつまってる気がしました。

そして、なんと言っても衝撃的なのが、カーテンコール。
まったく違うスタイルの音楽とダンスを披露してくれます。
これが、楽しくて。そして、呆気にとられるうちに、感動する。

ジェンダーを自由に行き来するトロックスは、いろんな垣根を一気に飛び越えてしまう。
え?いいの?こんなことして?ということを自在にやってのける力強さ。

そこが彼等の独自性であり、上質さなのではないかしらと思ったりしました。

私は、トロカデロを見たのは初めてでしたが、28回も日本ツアーを行う大御所で、ファンクラブ組織もすごくしっかりしているようですね♪コアなファンが多いんでしょうね~。新参者の私はエラそうに言うのは申し訳なくなるくらいなんですが、一度じゃなくて何度でも見たくなる、そんな魅力がトロカデロにはありますね~。

カテコのとき、小学生くらいの女の子たちが舞台にかけよってお花を渡していたのが微笑ましかったです。

では、最後に私がバックステージで幸運にもお写真を撮らせていただいた、トービン先生とトロックスの一人、トリスタン・メリックさんのお写真をご披露させていただきましょう~。

★★★★★お写真はこちら★★★★★
by tomokot2 | 2013-09-23 05:00 | ペ猫が観た舞台・ライブ

コスプレの女王様が何かをお始めになられた。。。

ひとつ前の記事でご紹介した平松美弥さんが、何かを製作している模様です。。。016.gif

ミヤミヤさんのブログ「特濃シュミラン平松永研究室」記事で想像をふくらませてみましょう~~♪

More
by tomokot2 | 2013-09-19 20:30 | What's the buzz?

最後の追い込み~JCSファンコンベンション~

いよいよ今週の土曜日です。

JCSファンコンベンション

おかげさまで順調に参加人数が増えておりますが、当日まで参加希望の方からのご連絡をお待ちしています。

それから、ブログでコンベンションを紹介してくださっている方々がいるのでご紹介。

ウィーン、オーストリア在住の ひょろ さんの「舞台はウィーン」ブログ
ドイツ語圏でのJCS公演情報は彼女が頼りです♪

ご自身のブログで ジーザス・クライスト・スーパースター バーデン版レポを5回にわたって書いていらっしゃいますよ~。すごい詳細で楽しいレポです。ぜひ、ご一読ください♪

特濃シュミラン平松永研究室の平松美弥さん
人に歴史あり。。。まさかミヤミヤちゃんがここまでJCSのファンだったとは~と思う方、いらっしゃるはず。

d0079799_2364451.jpgきっと気づかないけど、JCSファンは世の中にたくさんいるんですよ。。。
今週の土曜日、お時間のある方は、下北沢にいらしてくださいませ~。
ご連絡&ご来場、心からお待ちしています。
by tomokot2 | 2013-09-19 02:36 | What's the buzz?

熱心党シモンの振り付け★ビデオ★

先日のレッスン日に、『熱心党シモン』(Simon Zealotes)の練習したんですよ。そのとき、バックでちょっとした振り付けやコーラスをあわせられたらいいね~って話していたんですよ。

そうしたら、な、なんと!!!!
作ってくれた方がいます♪

9月21日のファンコンベンションのために、、、ということで、私からの、「簡単でみんながすぐに覚えてあわせられるようなのがいいな~」っていう希望そのままに、振り付けてくれました♪ ビデオの中で使われている音源はミレニアム版ですが、コンベンションの音源は96年版のようになっていると思います。それは、当日、少々修正するかもしれませんが、微調整ですむと思います。

■Jesus Christ Superstar Simon Zealotes 振り説明


■Jesus Christ Superstar Simon Zealotes 曲合わせ


そして、73年の映画版の最高に盛り上がるバックコーラスをつけましょう。

Fifty thousand!
Love! Love! Love!
Fifty thousand!
Tell us, Simon!

You'll get the glory
Ever and ever...
You'll get the power
For ever and ever and ever
Ever and ever...


You'll get the power
You'll get the glory

※Repeat 3times

ALL:
Forever Amen!
Forever Amen!

わーい♪どうもありがとう♪さ~みなさん、ご一緒に~~♪

More
by tomokot2 | 2013-09-17 19:08 | What's the buzz?

ファンコンベンションのオープニングセレモニー

9月21日(土)のコンベンションについていくつかご連絡です。

コンベンションの詳細は⇒ こちら

032.gif参加申し込みは、当日まで受け付けています。急に参加可能になったという方は、できれば私のツイッターアカウント @jcsfanjapan にメンションしていただくか、このブログにコメントをください。受付さんが来場者を把握するためですので、ご協力よろしくお願いします。

032.gif会場設営のお手伝いできます~とか、歌の声だしがした~いという方は午後1時くらいから会場が使えますのでどうぞお越しください。

032.gif午後3時からオープニング・セレモニーを行います。セレモニーに参加したい方は少し早めに来場して受付を済ませてください。

032.gif受付は、くまモンの黒いTシャツを着た男性(HN/ニセリッチーさん)が担当してくれます。会費を支払い、ポストカード等を受け取ってください。また、参加者にお知らせしている当日の私の携帯には、彼が「事務局です」と言って出るかもしれませんので、(@_@;)びっくりしないでくださいね~。

032.gifJCSの歌会という通称になっていますが、全曲再現については、当日最終的なエントリーを確定します。3部構成くらいで、休憩をはさみながら、全曲を歌っていきます。歌会にエントリーしていなくても、6時間もありますので、その間にピアニストさんに伴奏してもらったり、カラオケ音源で歌っていただきたいと思います。ただし、マイクのないアンプラグドな状態ですので、ご了承ください。

032.gif当日は、受付はじめ私の友人たちが色々なお手伝いを買って出てくれています。一人ぼっちで心細いな~という参加者さんには、彼等から話しかけたりすると思いますので、なんでも気軽におっしゃってくださいね。

032.gif下の画像はポストカードですが、A3サイズのポスターにして掲示します。

d0079799_16183296.jpg


今日は以上ですが、また気づいたことやお知らせしたいことができたらブログに投稿しますので、ときどきチェックしてくださいね~~。
by tomokot2 | 2013-09-17 16:20 | What's the buzz?