<   2008年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2月の玄関

d0079799_0494373.jpg先月から仕事の都合でちょっと更新に時間がかかったり、レスが遅くなっておりますが、気持ちは益々熱く燃えております。私が留守^^の間も、遊びに来ていただいてる皆様ありがとうございます♪
画像はOCR熱心党輪太さんが特別に準備してくださったものです016.gifThank you♪

これは表紙記事で、新しいトピは、この下に随時、更新されていきますので、どうぞご覧下さいませ。

◆はじめての方はこちらをお読み下さい◆
by tomokot2 | 2008-02-29 23:59 | What's the buzz?

グレン・カーターの歌声が聴きたいな~

先月の終わりにクワストさんから、Jersey Boysに出演するグレンのリハーサル風景映像をいただいていたのですが、記事にしそびれていました。
サイト、さらに更新されてますねぇ。どうもありがとうございまーす。

グレンはじめ、出演者はみんな英国俳優さんで、すとろんぐぅな英国アクセントで、どっこがJersey Boysなんだろ~って。
それにしてもグレン、やっぱり2000年のジーザスのイメージからはちょっと離れちゃったねぇ。。。

グレンのジーザス以外の出演作品もほんとはすっごくみてみたいです!

ミュージカル・ジャージー・ボーイズ~オリジナル・キャスト・レコーディングス



by tomokot2 | 2008-02-13 02:53 | 舞台映像・音源等

92年オーストラリアキャスト  Everything's Alright PV

d0079799_10141043.jpg1992年のオーストラリア・キャストによるEverything's Alrightのmusic videoです。
Jesus : John Farnham
Mary : Kate Ceberano
Judas : Jon Stevens

最近、色々映像が出てきてて嬉しいです。
写真はおととしくらい?のKateです。オーストラリアではかなり有名な方みたいです。
by tomokot2 | 2008-02-11 10:15 | 舞台映像・音源等

今年のライブ事始め RATM

d0079799_84909.jpg幕張にRage Against The Machineのライブに行ってきました。

彼等が活動を開始した頃、私は日本に戻って就職し、しばらくロックとか演劇に対する興味を失っていた時代なんで、なんとなく名前を知ったのは最近です。

今回は2000年に解散して昨年再結成したワールドツアーでの来日公演。
そんな状態にもかかわらず、大きな箱で充分お客が入ってる状況はスゴイ(男子ばっかりよ。駅で缶ビール購入してがんがんひっかけてから会場入るみたいで、をををっと少々びびった)。
私はBブロックの後方で見てたので、凄まじい「地域」に突入しなかったからステージもスクリーンもよく見えた。幕張って前の方は音悪かったり、見えなかったりするのにね。後方にいる限りは良い会場なのかも。それじゃ意味ないっか(^^ゞ

私は昨年、Alternativeと言われるバンドの音楽を色々耳にするようになって、刺激を受けてきましたが、RATMの音楽がビシビシとからだに入ってきたのは、今、だからだろうなと思った。
音楽なしではいられない生活を1~2年するようになったお陰で、RATMのような音楽に対しても壁をつくらずに飛び込めた。
彼等の反体制的な姿勢を支持してきたファンからは今回のツアーは商業的だという批判もあるようだけど、私は今、彼等のライブを体験できたのは、最高にラッキーだったと思います。

ザックもめちゃくちゃかっこよかったけど、トムのギターには、惚れてしまった。。。。

Currently listening : "Live at the Grand Olympic Auditorium"
by tomokot2 | 2008-02-11 08:53 | ペ猫が観た舞台・ライブ

The Storys 最新映像 2本♪

d0079799_1422373.jpg
3月31日(17日から変更になって確定しました)に英国でリリースされるニューアルバム「Town Beyond The Trees」からシングルカットされる"Long Hard Road"のライブバージョンの映像がYTで観れます。いわゆるB面の"Town Beyond The Trees"は、The StorysのMySpaceで聴くことができます。

こちらは、The StorysのEPKで、スティーブとダイが熱く新しいアルバムのことやこれまでの活動について語っています。

d0079799_1405866.jpgエルトン・ジョンのツアーのサポートバンドとしてエルトンから直々に声をかけてもらったときの興奮や、Trafficのドラマーの故Jim Capaldiを偲ぶライブで、スティーブたちが敬愛するSteve WinwoodやJoe Walshたちと出会ったこととか、コーラスが美しいことからWest Coast Sound、特にイーグルスと比較されることは嬉しいし、もともとはWest Coast Soundはサウス・ウェールズが発祥の地だし、イーグルスが全世界で再びナンバー1になっているタイミングは自分たちにとってもチャンスだと思っているとのこと。
(Steve Winwoodは私も好きなんですよねぇ。このイベントについてはどっかで読んだんですよ。いいな~。Steveふたり♪って、あほみたいな私でスミマセン)

どこでThe Storysの音楽が使用されてるのかわからないと以前日記に書いた映画「The Bank Job」には、The Storysが70年代のバンドとして出演し、「Be By Your Side」とその他2曲ほどが使用されているんだっていうのが分かりました~。監督にかなり気に入られたんですって。
出演場面がどのくらいあるか分からないけど、日本でもこの映画が公開されたらStorysが知られるきっかけになりますよねぇ~^^
by tomokot2 | 2008-02-10 01:44 | 舞台映像・音源等

今年も開催! JCSウィーン・コンサート

2月6日にオーストリア在住の、ひょろさんからタレコミ情報( ̄ー+ ̄)をいただいていたのですが、やっと今日記事にできます!

d0079799_9524888.jpgウィーンのコンサートは、出演者の顔ぶれ、完成度及び斬新さから言って、世界中のプロダクションの中でも、わざわざこのためにウィーンに行ってもいいくらいのものだと思います。
私が初めてこのコンサートについて知ったのは、ドリューがジーザスで、セルカンがユダの音源です。ドリューのジーザスは脳天が痺れるような衝撃でしたけど、セルカンのユダも素晴らしくて、それから私はオーストリアやドイツのJCSにも興味を持って、調べたりするようになりました。

あ、前置き長くなりました。以下、ひょろさんからの情報。

ウィーンでは今年もJCSコンが開催されるようです。
日程は3月21と22日です。普段はライムント劇場で行われるんですが、ただいまWWRYのため貸し出し中で使用不可、Ronacher劇場もまだ改装工事が終了していないとのことで、なんと会場はStadthalleに決定しました。(Stadthalleは大きなロックコンサートなどが行われる会場ですが、ミュージカル用の小さめの舞台もあります。ただ、立ち見が無く値段も比較的高いため、私は個人的にはあまり嬉しくないんですが。。)

こちらがニュースソースとのことです。

セルカンはそれこそWWRYに出演中だし、ドリューは今は何かに出演してるんだっけ?ロブは?
キャストが決定したらひょろさんが教えてくれるそうですので、楽しみです。

ひょろさん、ありがとうございます!!
by tomokot2 | 2008-02-09 19:28 | 公演情報

1992年オーストラリア公演のPV追加アップ♪

d0079799_3422236.jpg1992年のオーストラリア・プロダクションの音源は、JCSファンにとっては”必須”アイテムなんだと思います。ロック色が濃くて、かっこいいんですよね。これまでに何度か記事にしてきたけど、タグの整理がまだだな~^^; (自分用に検索して引っ張っておきましょうっと)

YTに、Jon Stevensが歌うSuperstarが出ました~。これは嬉しい。Jonが動いてる映像、観たことなかったから。

公演自体が、コンサート形式だったそうですが、この番組のステージセットなんか正にロックコンサートって感じですよね。番組のホストがCDアルバム、シングルの宣伝もしてるから、当時、かなり力入れてプロモートしたんでしょうね。ジーザスはJohn Farnhamだったし、PVも作ったし。

PVなんですけど、MTVのクレジットがある"Superstar"映像もアップされました。いや~~~いいなぁ♪。このプロダクション、やっぱりすごいわ。
Jonにはマオリ族の血も流れているんですって。ぱわふぉ~♪ ◆Jonのサイトはこちら◆

同じ投稿者(Jonの熱烈ファンですね。こういうファンが出してくれる情報ってほんと有り難いよねぇ♪)が当時の様子を伝える映像も一緒に出してくれました。Music Award受賞した時の映像です。

このプロダクションは、JCSの音楽に焦点を絞って作ったって感じがする。
うん♪面白い!
by tomokot2 | 2008-02-05 03:51 | 舞台映像・音源等

バズのThis Is The Moment映像♪

d0079799_1552070.jpgセバスチャン・バックが、2000年9月10日、NYのタイムス・スクエアで歌った映像がYTにアップされたんですが、人生で最も誇らしく輝かしい瞬間のひとつだったというこの映像をバズ自身も探していたんだそうです。この日、タイムス・スクエアには約7万5千人の聴衆がいて、"Broadway on Broadway"という番組はライブ中継されたんで、すごい数の人がこのJekyll & Hyde からの名曲、This Is The Momentを観たことになります。しかも、この音声は、正真正銘100%ナマ声なんですって。(〇o〇;)うぅうう。だめ、もうかっこよすぎる。
(ご参考までに^^公演当時のTVCFどうぞ。)




ライブ映像もw




こっちは、スキッズ時代のPiece of Meを去年のツアーで歌った映像。クリスマスにファンにバズが送ってくれた映像なんですけどね。これ観てると、去年のライブがつい昨日のことのように思い出されるよ。疲れもふっとぶような声。あ~今年もナマバズに「会いたい」(>y<)

以下、あまりにもおかしいから自分の為に☆
by tomokot2 | 2008-02-03 15:11 | 舞台映像・音源等