<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

9月の玄関

d0079799_13543926.gifようこそ~、いらっしゃいませ~。ちょっと遊んで行って下さい。毎日更新しても追いつかないくらいの資料と情報を抱えて、とっても楽しい日々を送っています。

このブログは、ロックオペラ、ジーザス・クライスト・スーパースターのファン(=ペルシャ猫)が、公演情報や資料等を見つけてきては記事にしていますが、その他のミュージカルや音楽などのことも話題にしています。日記形式なんで情報が雑多になってますが、「タグ」or「カテゴリ」機能でたどると、グループ化されるので、少しは見やすいかもしれません。(参考:”最新のコメント”表示の下に検索機能がついてますが、当ブログ内でキイワード検索するのに私自身、便利に使ってます)

どこにコメントしていいか分からないときには、ご自由にこの表紙記事のコメント欄に書き込んでください。私信を送りたいときには「非公開」っていうのをポチっとクリックしてくださればよいので、便利な機能としてお気軽にご利用ください。それから、リンク欄にメールフォームも設置してあります。

注)これは表紙記事で、新しいトピは、この下に随時、更新されていきますので、どうぞご覧下さいませ。
by tomokot2 | 2007-09-30 23:59 | What's the buzz?

たまたま聞こえた、あの曲♪

今日、テレビ朝日の番組(芸人魂ガチンコレースとかいうの)の、対決シーンで、「序曲」が使われていた。
たぶん、映画のサントラを使ったのではないかと思うのだけど、スタッフにJCSが好きな人がいるのかな~。
こんなの初めてだったから、すっごい「へ~~~っ」ってビックリしました。
by tomokot2 | 2007-09-28 22:39 | What's the buzz?

Australian Cast Recording 1992年

d0079799_15393140.jpgロックなユダっていうことで、Jon Stevensの記事を書こうかなと思っていたのですが、YTでいくつかオーストラリア・プロダクションの映像があったので、先にそちらを記事にします。

このプロダクションの音源は、1992年にシングルカットされたそうで、PVがあります。
主役達は、実際にバンドで歌ってる人たちだったし、アレンジがポップス調で、ロック・テイストも入っているので、Australian Cast Recording は、JCSファンの間でも評判良いです。

キャスト;
John Farnham - Jesus : Little River Bandって知ってます?そこの人です^^。
Jon Stevens - Judas : 一時期INXSで活動したことがありました。
Kate Ceberano - Mary : 右下の写真が彼女です。シンガーとして活動中らしいです。たまには女性の写真もアップしなきゃいけないかなって思って探してきました・・・^^;



d0079799_1554627.jpg以下のサイトになかなかカッコイイ写真とともに → オーストラリア・プロダクションの詳細が紹介されていますので飛んでみてください。

YouTubeの映像はこのふたつ。古いだけあって、クオリティは・・・orz。
CDで聴いて欲しいですねぇ~。

Everything's Alright

I Don't Know How To Love Him

Jonのことは別記事で書いてみたいなと思っています。
by tomokot2 | 2007-09-27 01:01 | 舞台映像・音源等

テッド・ニーリー TVインタビュー

d0079799_15274185.jpgテッド・ニーリーが、ヴァージニア州でインタビューを受けた映像を見つけました。
PBSという公営放送っていうのかな、教育番組とかやっているnoncommercialのTV局があるんですけど、そこで放映されたビデオを見つけました。

テッドのインタビューは、7月6日付のPBSのサイトで読むことができます。

こちらで、テッドのインタビューと、ちょこっとですが舞台の映像が観れますよ。

この頃、ちょうどテッドは体調があまりよくなかった時期なんじゃないかと思います。
いつもはもっとお茶目で、冗談とか言うんだけど、結構、真面目に答えてるな~テッド^^。
最後のほうでテッドと一緒に車に乗り込むのはテッドの娘です。

インタビュー内容は、そのうち時間があるときに訳して追加しておきますね(汗)。
by tomokot2 | 2007-09-26 15:28 | 舞台映像・音源等

東京は演劇の中心地・・・なんでしょうけど。

d0079799_1595952.jpg舞台を観に行ったり、ライブに行く度に、すごい数のチラシが配布されますよね。それは規模の小さい劇団の公演に行っても、大劇場の商業演劇公演に行っても同じなんですけど、いや~こんなにやってるんだなって、毎回感心しませんか?

この間の「ハロルド&モード」のときにも30枚くらいはあったのかな、その中で行ってみたいなって思うのは数作品。で、ほんとに行くのはひとつあるかないかくらいです。

私はブログに書いていないのですが、小さいプロダクションの演劇公演に行くこともあります。ほとんど出演者とか関係者が知り合いの場合ですね。やはり宣伝にお金もかけられないし、チケットが思うように売れなかったりすると声がかかるんですよね。舞台を観ることは嫌いじゃないから、お付き合いすることが多いです。

たまに自分から観たいなって思う舞台はあるけど、うんと先の日程だとつい前売りや先行予約を逃してしまったりする。行けたら行こうかな~くらいの気持ちだと、チケットってとれないですよねぇ。
しかし、これだけ劇場が点在する東京で、本当の演劇状況ってどうなんだろうな~。果たして幸せな状況なのだろうか、なんて、そんなことを考えながら、床に広げたチラシをながめてから、大半のチラシに、サヨナラを言いました・・・。
by tomokot2 | 2007-09-25 01:37 | What's the buzz?

FAREWELL TOURの非公式スケジュール

以下が今のところ決まっているツアースケジュールです。

d0079799_153057100.jpg
オフィシャルな発表ではありませんので~^0^
正式なのはいづれ確定しますが、たぶん、こんな感じになるらしいです。

↓↓↓ 12月からのスケジュール ↓↓↓
by tomokot2 | 2007-09-24 02:48 | 公演情報

ハロルド&モード 観劇日記

d0079799_15422014.jpg東池袋駅からそのままあがっていける便利な場所にオープンした「あうるすぽっと」のこけら落とし公演、「ハロルド&モード」を観劇してまいりました。

なにせ、このミュージカルは、2005年にニュージャージー州で初演のあと、カリフォルニア州(写真はそのときのプログラム)とオハイオ州で上演されて、このあとニューヨーク進出を目指している「新作」なのだそうで、お誘いをいただいて、興味を持って行くことにしました。こういう新作って、どんどん改訂されて行く生き物のようなところがあるんですよね。 詳細は、7月12日に記事を書いていますので、参考にされて下さい。

主演のハロルド役は、三浦涼介くん。お花が三浦浩一から届いていたので、もしかして息子さん?だとしたら、ハーフのようなカワイイ小顔★八頭身・モデル体型は納得だなと思い、ググったら、やっぱり☆三浦浩一・純アリス夫妻の三男とのこと。オフィシャルサイトは、◆こちら◆です。この公演についてのインタビューもあります。

モード役は大方斐紗子さん。79歳のパリッパリに元気な「女性」を見事に演じてました。歌も演技も踊りも素晴らしい女優さんです。きっとこれまでにたくさんの役を演じてこられたキャリアをお持ちなのでしょうが、私は今回初めて知りました。

ほかに立川三貴、旺なつきが出演。出演者が少人数で、舞台の奥で演奏する5人編成のオーケストラ。客席数301の劇場にちょうどぴったりのサイズだと思いました。

★☆★以下、ネタばれ注意~~~★☆★
by tomokot2 | 2007-09-22 17:18 | ペ猫が観た舞台・ライブ

テッドのTVドラマ出演シーン

d0079799_12171210.jpg昔、NHKで少年ドラマ・シリーズとして、たくさんのドラマが放映されました。
ちょうどSF小説を読みはじめた小中学生達が夢中になり、放送はとっくに終了していますが、今も根強いファンがたくさんいます。
日本のドラマだけでなく、海外のドラマも随分放映されました。その中に、「アトランティスから来た男」というドラマがありました。

米国では70年代後半に放映され、日本では1980年に同シリーズで放映されました。
「アトランティスから来た男」は、アトランティス大陸の生き残りで、海底1万メートルの水圧に耐えることができる人魚みたいな男。海洋学者の女性博士に発見され、二人で色々な事件を解決するというようなストーリーでした。

私は、主演のパトリック・ダフィーの甘いルックスが好きで観ていたのですが、なんと、テッド・ニーリーが2回もゲスト出演したことがあるのです。2回ともリアルタイムで観ましたよ♪
テッドは、詐欺師の役^^;なんだけど、これがまたはまり役でねぇ(*-∀-) うさんくさくて、どっか憎めないインチキ野郎って感じがピッタリだんですよ。うまいんですよ、テッド♪
ま~この番組自体が低予算で、ひっどい安っぽいつくりなんですが、あのテッドのいかさま師っぷりがもう観れないのは残念・・・と思っていたら、ちょっとだけYouTubeにありましたので、どうぞ~↓↓↓

「アトランティスから来た男」のゲスト出演シーンです。

ストーリーは全然覚えていないのですが、話している内容からあらすじをかいつまんで言うと。。。

テッドは、秘密の金鉱の案内人。二人がのぞき込んでいるのは、目に見えない水が流れている採掘用水路。手を入れたりしたら、たちまち木っ端みじんになると注意されますが、それならとテッドは、側に転がっている金を拝借して、俺は金以外興味ないのさ、おさらばするぜって一旦消えてしまう。

と、そこへ異次元世界(?)からの巨人が出現。彼は金鉱の番人。盗人は許さないと脅す。

が、黄色い海パンの正義の味方は、この水は実は地球の海水で、そのまま流れ出したら海洋が干えあがってしまい、地球は大変なことになるんだと説得。巨人も納得し、水路をふさごうということで一致団結?・・・・テッドはというと、もっと金が欲しい詐欺師ですから、陰で二人の様子を伺っている。。。

とまあ~~~ストーリーはどーでもいいんですが、1977年当時の若々しいテッドを観れるということで、ご紹介しました~。。。
by tomokot2 | 2007-09-21 12:59 | 舞台映像・音源等

テッド・ニーリー 64歳のお誕生日♪

d0079799_9293115.jpgd0079799_1002299.gif

今日(9/20)は、テッドのお誕生日です。
テッドがこのブログを立ち上げるきっかけとなった人なんで、彼の誕生日ははずせない記念日となっておりますw

テッド、お誕生日おめでとう!
その胸に飛び込める日を夢見て、
頑張るよ~(*>∀<)人(~∀~o)

ファンたちの間では、テッドの誕生日にちなんで、テッド・ハグをしましょう~とか、各々の場で自分たちなりのお祝いをしているようです。

それでは~便乗しまして、私からみなさまにも、サイバー・ハグ&貴重映像をお送りしたいと思います~♪



以前にもご紹介したことがありますけど、FAREWELL TOURのプロショットによる「ゲッセマネの園」です。

オーディオのみですが、1993年ADツアーから、「ゲッセマネの園」です。

2006年、ケネディ・センターでウェバー卿が賞を受けたときのパフォーマンスから、コリー・グローヴァーの「Superstar」です。

by tomokot2 | 2007-09-20 07:28 | 舞台映像・音源等

ツアーの追加日程

FAREWELL TOURの第二弾の追加日程情報

2008年
5/30 - 31

TPAC (Tennessee Performing Arts Center)
505 Deaderick Street
Nashville, Tennessee

新しい日程が分かり次第また追加していきます。

ツアー日程の情報はこちらです。
by tomokot2 | 2007-09-19 00:46 | 公演情報