7月の玄関
d0079799_22465499.jpg
東京に住む私は、梅雨の湿気と雨雲ばかりを気にしていましたが、JCSブログ読者の皆様の上には、燦然と輝く太陽があるのではないかしら・・・と毎日感じています。そのくらい、あっつう~いトークが繰り広げられていますよね!

6月の終わりは、JCS73年映画のBS放送があったことも手伝って、当ブログにおきましては、「cool」な話題が沸騰いたしました。今月も引き続き、ぺ猫不在の折りにも自由闊達に交流をしてくださいませ006.gif

あ、そうそう、上の画像はPhotoFuniaというところで作成しました(なんきちさん、教えてくださってありがとうございます!)。

このブログは、ロックオペラ、ジーザス・クライスト・スーパースターのファン(=ペルシャ猫)が、公演情報や資料等を見つけてきては記事にしていますが、その他のミュージカルや音楽などのことも話題にしています。(参考記事リンクはフリーですが、当ブログ記載の記事・写真等の無断転載・複製はお断りします。

これは表紙記事で、新しいトピは、この下に随時、更新されていきますので、どうぞご覧下さいませ。



日記形式なんで情報が雑多になってますが、「タグ」or「カテゴリ」機能でたどると、グループ化されるので、少しは見やすいかもしれません。(参考:”最新のコメント”表示の下に検索機能がついてますが、当ブログ内でキーワード検索するのに私自身、便利に使ってます。キーワードが見つからないというメッセが出てももう一度検索ボタンを押せば出ますので♪)

JCS作品の時代背景等に興味のある方は、「JCSエンスーミニ講座」や「JCS基礎講座」カテゴリーをご覧下さいませ。それから相互リンクしていただいているJesus Christ Superstar Dbも情報の宝庫です♪

どこにコメントしていいか分からないときには、ご自由にこの表紙記事のコメント欄に書き込んでください。私信を送りたいときには「非公開」っていうのをポチっとクリックしてくださればよいので、便利な機能としてお気軽にご利用ください。それから、リンク欄にメールフォームも設置してあります。
by tomokot2 | 2009-07-31 23:59 | What's the buzz? | Comments(18)
Commented by 音の葉♪ at 2009-06-30 23:33 x
わぁ~い 一番のりだ~!

久しぶりです☆彡

昨日はどうもです!(笑)

今月もよろしく!
Commented by axbxcx at 2009-07-01 05:41 x
1973ジーザスは不滅です!って感じますねえ。 よくも悪くも映画(ビデオ)という媒体は強いということでしょうか。 一度観ただけではすぐに忘れてしまいますから。
Commented by bijou3369 at 2009-07-01 08:31
きゃう~ん。
ステキな仕上りでございますぅ。

今月もお騒がせしますが、宜しくお願いします。
Commented by 柴わんこ at 2009-07-01 19:49 x
 こんばんは、4番のりでしょうか? ぺ猫様、先月はお世話になり、またお騒がせ致しました。
 とっても素敵なTedの絵です!青い瞳がとてもきれいですね…。
 ところで、青い目で思い出しましたが、不滅?の1973映画のコメンタリーを聞いていて、よく分からなかった点ージェイソン監督が、Then We Are Decidedの最後の箇所で、Caiaphas役のBobの青い瞳を、とても美しく大好きーと説明しながら、大勢の方に「Caiaphasは高位のPriestなのに、青いお目めだというのは…ちょっとねぇ…」といった感じの指摘を受けた?ーといった風なことを述べてるように柴わんこには思えましたが、これは何故?青い目というのは不謹慎なのかしらね?「青色」にも怪しからん意味があるようですしーでも、JesusのTedも青い目ですよねえー青もそこれそ色々あるのでしょうが、映画の中では青い目に見えるときがありますわん。
Commented by ノアロッソ at 2009-07-01 20:20 x
DVDの報告です!

JCS1973年版の、北米版とフランス版のDVDを購入しました。こちらでいろいろ教えてくださった方々、ほんとうにありがとうございました!
とりあえずの報告をさせていただきますね。

どちらもコメンタリーが入っていたので、新しいバージョンだと思います。
みなさんが気にしていたcoolの件から言いますと、北米版はgood,
フランス版はcoolでした!




Commented by ノアロッソ at 2009-07-01 20:21 x
続きです。
とりあえず This Jesus Must Die だけ見た感想ですが、字幕は
フォントが違っていました。フランス版のほうが太くて、なるべく1行だったので見やすかったかな。
画面にジーザスたちが映っていてアンナスが歌っている画面では、
(Annas) ♪We cannot leave him to his own devices
とわかりやすく書いていました。
あとは、8カ国語字幕(フランス語、英語、ドイツ語、デンマーク語、オランダ語、フィンランド語、ノルウェー語、スウェーデン語 )なので、なんとなく楽しい…かな?

再生方法ですが、フランス版はPAL版でリージョン2なので、パソコンですぐ見ることができました。
北米版は……かなり手間取りました(^_^;)
色々試してもダメだったので、結果、ドライブをリージョン1にしてから、いつもと違うソフトでリッピング、でした。ドライブは、またリージョン2で見たいものが出れば戻そうと思っています。

以上、素人の感想でした。
またここで勉強させていただこうかと思っていますので、これからもよろしくお願いいたします^_^
Commented by axbxcx at 2009-07-01 20:39 x
柴わんこさん

なかなか興味深い話ですね。 黒いユダヤ教徒(エチオピア)という言い方と同様に青い目のユダヤ教徒(ハザール)という言い方があるようですから、逆に言えばユダヤ人はそうではないという固定観念があるということを言っているのでしょうか。 じゃあJesusは?ということになりますが、Jesusの場合は青い目(=いわゆる白人)の方が嬉しい?

ノアロッソさん、おめでとうございます!

フランス版が簡単で北米版が大変とは意外でした。 北欧4ヶ国語が入っているのはいいですねえ。 もちろん言葉は理解できませんけれど、実は北欧の映画が結構好きなんです。 最近では「ホルテンさんのはじめての冒険」とか「愛おしき隣人」とか。 「キッチン・ストーリー」は北米版が安かったんでDVD買っちゃいましたし…。
Commented by 柴わんこ at 2009-07-01 20:56 x
 axbacx様 そのような意味があるのですか?ジェイソン監督のお話しぶりだと「誰でも知ってる一般常識」という感じでしたから、どうしてだろう?と不思議だったのですが…。他にもどなたかご存知でしょうか?
 ノアロッソ様 届いてよかったですね、リージョン変更の限界数は、パソコンを持ったままあちこち居住地を変える(引っ越す)ことを前提に定められたらしいんです。あまりに極端な数引っ越す人はごくごく稀でしょう?ですから、頻度が極端に多いのは、早期に外国からソフトを取り寄せ、不正にコピーして売りさばく為に使ってる人ーとみなされちゃうんですーその防止策としての限界数の設定なんです。残念ですね。ビジネスタイプはリージョンを感知しない奴もあるのですけれど…。不便なので、早く国内販売を始めてほしいですわん!
Commented by ノアロッソ at 2009-07-02 22:51 x
axbxcxさん、柴わんこさん
ありがとうございます^_^
おかげさまで、無事にDVDを見て楽しんでいます。ゆくゆくは外付けドライブを買う予定です。
みなさんは英語力がバッチリあるのがよくわかりますが、私はダメで(^_^;)、コメンタリーを聞きながら字幕出して、それでもわからないので止めて読んだりしています。でも…わかりにくい…会話なので当たり前ですけど…
皆さん北米版ですよね。字幕もなしで理解できるってスゴイです!フランス版は字幕が出るのでホント助かりました。
地道にガンバリます!おしゃべりを聞いているだけでも楽しいですね。
Commented by axbxcx at 2009-07-03 02:16 x
ノアロッソさん、私は柴わんこさんのコメントに反応しただけで、コメンタリーを聞いて書いた訳ではありません。(^^;

今日はケニアの女性がvegetableと言っているのがわからなくて、何度も聞き直してしまいました。 最近、エチオピアの人の英語に慣れていたからかも知れませんが…。

ところで私のは北米版でも1999版で、字幕はcool、ボーナス・トラックはなしの奴です。

PanasonicのポータブルDVDドライブを娘に取られたので、安いのを探して4月にBuffaloのポータブルDVDドライブを買ったのですが、強度がちょっと不安なのを除けば、特に問題はありませんし、だいぶ速くなっていました。 I-O Dataと迷いましたが…。

昔は字幕なしのビデオで聞き取りの特訓をしてました。 一時停止したり、巻戻したりで、もう大変でした。 便利な時代になったと思います。
Commented by なんきち at 2009-07-04 19:14 x
まぁ!素敵なジーザスさま!
わざわざ、名前まで出して頂いて、恐縮です。

これを作って下さった方に感謝しつつ、結構、飽きずに色々私も遊んでおります。このphotofunia.ww
Commented by axbxcx at 2009-07-06 18:42 x
今日、中野の商店街で妻が買い物をするのを待っていたとき、ふと見上げるとJesusの文字が…。 何かと思ったらカードショップでした。 すごい名前をつけたものです。
Commented by ノアロッソ at 2009-07-07 23:36 x
DVDのコメンタリーを見ました〜。理解度は20%ぐらいでしょうか(^_^;)
それからは、話に出てきた「トミー」とか、「最後の誘惑」「キングオブキングス」などなどジーザス関係の映画を借りたりしてます。
それから、自分が持っているJCSのアルバムをひたすら聞き比べています。
英語の歌詞も勉強中です!!

で、思ったのですが、ここでも話題になっていたとおり、1996年のアルバムが一番歌詞が変わっていますね。
いくつかは聞き取れたのですが、何回聞いても分らない部分もあります。このブログの話題になった箇所以外にもいくつかあり、とても気になっています。
このCDには、歌詞カードついてますか?(iTunesで買ったので歌詞がありません)
どこかに1996年の歌詞カードが見れるHPなどありましたら、ぜひ紹介ください<m(__)m>
Commented by ノアロッソ at 2009-07-07 23:38 x
axbxcxさん
今まで、なぜか女の人だと思ってました(^_^;) 失礼しました〜
Commented by axbxcx at 2009-07-08 00:55 x
ノアロッソさん、実は本名も音が紛らわしいんです。 義理の姉の名前と発音は同じですから…。
Commented by ノアロッソ at 2009-07-08 23:14 x
わんける様
無事完了いたしました!お手数をおかけしてすみません。本当にありがとうございます!とてもうれしいです。
これからじっくりまた聞いてみます^_^
2000年には元に戻っている歌詞もあって、1996年だけの歌詞も存在しますよね。不思議です。
2000年のCDには歌詞カードがついてないとアマゾンで書いてあったのですが、この歌詞があれば大丈夫ですね。
2000年といえば、CDには収録されていなかったナンバーがいくつかあったので、DVDから音だけを拾ってきて聞いてます。
もし興味あるようでしたら言ってくださいね。

今回もご親切にしていただき、ありがとうございました<m(__)m>
引き続きよろしくお願いいたします。
Commented by わんける at 2009-07-11 23:05 x
ノアロッソ様 お役にたてた様で(^^);
書き込むトピを間違えましたが気づいていただけて良かった。
まぁ、スティーブ・バルサモのトピだから良しとするか(w)
個人的には69年verが一番好きなんですが、これを機会に聴き返すと96年verも良いですね。
Commented by ノアロッソ at 2009-07-12 00:37 x
わんける様
お世話になりました<m(__)m>
歌詞がわかってスッキリしました!!

Hosannaの歌詞で、Won't you die for me?って言ってるアルバムとそうでないアルバムがありますが、なぜですかね?
過去にここで話題になってそうですね〜

確かに何度も聞きたくなるのは96年verかもしれませんね。でも、2000年のもよいし、69年verもいい!サントラもよい!
私は聞き込んでないので、まだ選べません^_^
…ちなみに、69年verってコンセプトアルバムのことですよね?

それからCDの話が出たのでまた質問ですが、オーストラリア盤は買いですか?有名どころは手に入れたのですが、オーストラリア盤はまだ迷っています。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 劇団四季のSuperstar また木がしおれてる・・・ >>