今も昔もCOLMはCOLM ^^

d0079799_0453581.jpgすごいお宝を、いただいてしまいました!1974年3月、ロンドン、パレス劇場公演をご覧になったaxbxcxさまからいただいたJCSパンフ(souvenir brochure and libretto)です。
どうもありがとうございます!ご覧になったときには有名な人は出ていなかったみたいとおっしゃっていましたが、二人の天使が向き合うあのロゴが輝く黄金色の表紙に圧倒されつつ、パラリと頁をめくった途端、おぉおっっ。

ユダが、ユダが、・・・・ジャン・バルジャンじゃないかーーーっ!!

なんと、ユダは、あのColm Wilkinsonなんですよ。彼がユダを演じたのは知ってたけど、まさかほんとにこんな形でお姿を拝することができるとは~~~☆

ほかのキャストは・・・

Richard Barnes (Jesus of Nazareth)
Anna Macleod (Mary Magdalene)
John Parker (Pontius Pilate)
Jonathan Kramer (King Herod)
Paul Barber (Caiaphas, High Priest)
Derek Damon (Peter)
John Kerruish (Simon Zealotes)
Jimmy Cassidy (Annas, High Priest)

はいはい。お写真、お見せしますよ~~~♪





はい。↓ どっちがどっちかおわかりですよね?
左がジーザス。右がユダです。
コルムさんは、ジーザスを演じたかったらしいですけど、やっぱり当時からこんなに”ジャン”だとはねぇ・・・。これでは、白いローブは、あ~んまり似合わないと判断したのであろう製作側に私も賛成です。。。。
しかしこのあと、コルムさんは、「Evita」のコンセプトアルバムではチェ・ゲバラを歌い、「オペラ座の怪人」では、トロント公演のオリジナル・ファントムを演じました。そしてもちろん、絶品のジャン・バルジャンも。そんな重要なパートを射止めることになるスタートになったのが、1972年のダブリンでのJCS公演だったそうですよ。それからロンドンでもユダを演じたのでした。感慨深いですねぇ。。。
d0079799_1365331.jpg


横に長いのはSuperstarのシーン。赤いのは血がしたたっているようなイメージですかねぇ。
写真左下は、鎖につながれたジーザス様ですね。
d0079799_1291325.jpg



d0079799_1393744.jpgd0079799_146374.jpgこの白いスーツ姿の方はヘロデ王なんですが、けっこーヘロデって、おねえマン・キャラ作りをしてるものが多いですよねぇ。

いかがでしたか?
34年前のロンドンから持ち帰ってくださった一冊の思い出の品。
私はまだJCSの存在すら知らない頃でした。

そんな時間も空間も飛び越えて、私の目の前にあるプログラムが、色んなことを語りかけてくるような気がします。

axbxcxさん、本当にありがとうございました!!!
by tomokot2 | 2008-01-28 02:00 | JCSアーカイブス


<< zatoumushiさんの緑部... The Storysの曲が使わ... >>