資料化しないともったいない・・・

d0079799_14204175.jpg「ジーザス・クライスト・スーパースター」は世界中で上演されたり、音源が出回ったりしていますが、正式なものとそうでないものを見極めるときには、「向き合った天使」のロゴが使用されているか否
かで、大抵、判別ができます。その管理は、Really Useful Groupが行っています。(ロゴ協力:Rinta)

The Really Useful Group (RUG) は、1977年にAndrew Lloyd Webberによって設立された、インターナショナルなエンターテインメント会社です。劇場を所有・運営し、劇場公演をプロデュースしたり、映画、テレビやビデオ、コンサートの製作、関連商品やCD取り扱い、出版などを手がけています。

(私たちが欲しいと思っている、これまでのJCS公演のオフィシャル映像や音源をガッチリ握って離さなかったり、融通が利かないことで有名で、ファンの間では、リアリー・ユースレス(まったく役に立たない)・グループとも呼ばれていますが。。。)

Really Useful Groupの公式サイトの中には、もちろん、JCSのページがあり、これまでの公演情報などが完結にまとめられています。

そのあたりを「JCSの基礎知識」というカテゴリーにまとめてみようかなと思っています。

それにBill Kenwright Ltdという英国最大の演劇・映画のプロダクションがありまして、そこからもかなりの量の資料を得られます。このふたつがあれば、JCSの歴史や全体像を正確にまとめることができそうです。とりあえず英語ならなんとか読みこなせるので~^^;良かった~ドイツ語とかフランス語だったらお手上げでした。。。(日本語のウィキペディアのJCSページって見たことありますか?あまりにスカスカで悲しいくらいなんですよ。あれ、いつかなんとかしたいですねぇ。

ブログという性質上、私の気まぐれで、書きたいことを書いていますが、資料面も充実させたいなと思っています。とは言え、私の好みのマニアックな日記も同時に続いていくとは思いますが、お陰様でかなりの情報を手元に揃えさせてもらっているので、感想だけじゃなく、可能な範囲で資料化して行き、最終的には、データベース化しないともったいないなと感じています。

すごい情報量ですねってよく言われるんですけど、ぶつ切れに色んな情報は満載って感じですが、JCSエンスーさんのミニ講座のような時代背景とか作品の詳細な分析とあわせて、JCSが世界に広がった歴史とか流れや、当時のメディア関係の資料もあったほうがいいですよね。それに、これはほんと大変ですが、オフィシャルとブート映像・音源の整理とレビュー。。。。

・・・と、こんなこと書いているのは、自分のための「覚え書き」です。
by tomokot2 | 2007-08-24 12:05 | What's the buzz?


<< HAIRのオリジナルLAキャスト こっそり・・・ですよ~ ゲイ... >>