★お宝シリーズ★初演パンフレット

d0079799_15404411.jpg遂にJCS東京公演初日です。本当は昨日から前夜祭がしたかったんですが、記事を書き終わらせることができませんでした~。
今日からジャポネスク・ジーザスの歴史を、お宝をもとにトピにしていきたいなと思います。私が公演を観にいくのは今月末なのですが、ご覧になられる方は、観劇後、ご感想など、寄せていただけたら嬉しいです。

今回のお宝は、1973年、四季のJCS初演パンフレットです。
当時は、のちに名づけられた”ジャポネスク・バージョン”での上演だったのは、これまでにもご紹介したとおりです。

私のスキャナーはA4サイズまでなんで、プログラムの表紙が全部読み込めませんでした。この表紙の下の部分には『ロック・オペラ イエス・キリスト=スーパースター』と入っています。
写真など、中身については、以下↓からどうぞ~★




d0079799_15421643.jpgこれはパンフの裏表紙です。赤い文字で『サンプラザホール 劇団四季▲日本ゼネラルアーツ 6月19日~7月6日』と書かれています。
いまから丁度、34年前ですね。昭和48年です。私は、何してた頃かな~?

d0079799_1551372.jpg中表紙です。これ、鹿賀丈史の顔ですが、なんかジーザスっていうよりヤマトタケルっぽいかも~^^


d0079799_1645156.jpg稽古風景です。ジーザスとユダ(飯野おさみ)が一緒に写っている写真を何枚か見ましたが、非常に緊張感があり、この二人にはケミストリーが働いているように見えます。
ただ、飯野おさみの声質や声域が、ユダにあっていたかどうかは、音源がないので何ともいえませんが。。。

演出家・浅利慶太氏の『三つの問いに答えて』という文章がインタビュー形式で掲載されています。(一部抜粋します)

―どうしてこの作品に興味をもたれたのですか?

ユダに激しく心を魅かれました。・・(中略)・・偉大な指導者や預言者たちの傍には常に寄り添うように或る人物が登場してくる。人間的で冷静で、理知的であるが故に、魂の中の傷を隠している人間です。この両者は光と影のような相関性をもっています。この影が形づくられるのは、光が輝くためである。そんな関係です。この人物達は、光に対して常に隠された大きな働きを果たしているように思われます。(以下省略)

―上演を思い立たれたのはなぜですか?

劇団四季が20周年を迎えたからです。・・(中略)・・・劇団組織の育成や防衛は、第2世代に任せて、少なくても私は、冒険を主にした仕事をしたい。それにはこの作品は、難曲であるが故に、価値あるものと考えたのです。(以下省略)

―ロック・ジェネレーションではないあなたがこの作品を演出なさっていらっしゃるわけですが、その中でのご感想は。

長い間、ロックやヒッピーを生んだ世代について誤解をしていたようです。彼等には感性的な世界の広がりや情熱はあるが、モラルや哲学がないと思ってきました。・・・(中略)・・・ここには、彼等の世代ならではの強い自己主張があるように思いました。・・・(中略)・・・この作品は現在、ニューヨーク、ロンドンほか、各都市で上演されていますが、同じ時期に東京の幕を開け、彼等のレベルを抜いた仕事をしてみたいという野心もありました。(以下省略)

・・・・・・・・・・・・・・

浅利氏の意気込みが伝わってきます。きっと、この舞台制作に携わった人たちみんなが強い想いを持っていたのでしょう。そしてそれが現在も継続しているから、上演を重ねてこれたのかもしれないですね。

d0079799_16371634.jpg出演者連名★★★鹿賀丈史、飯野おさみ、島田祐子、水島弘、光枝明彦、藤木卓、ピートマックJr、市村正親、もんたよしのり、山本幸男、河野容雄、松本敬通、厚木強、小島たかし、小山歩、ビル・エドワーズ、山口総一郎、木月京子、小林淳子、坂本恵、清水翠、多田和枝、長澄敬子、服部良子、伴和子、真奈洋子、菱谷紘二、青井陽治、岡本隆生、川原崎憲治、竹中好徳、中丸信、新井れいこ、石川陽子、久野秀子、高橋和子、平本晶子

d0079799_16471458.jpg
次回は、私の大好きな舞台美術家・金森馨氏がプログラムの中で語っていることを、彼の作品集の写真とあわせてご紹介したいと思います。
by tomokot2 | 2007-06-09 09:43 | JCSアーカイブス


<< オフィシャルサイトのカーテンコ... Baz Rules! 6月4日... >>