テッドが教えてくれた FREE HUGS
d0079799_817478.jpgテッド・ニーリーのオフィシャルサイトの掲示板に、18日(金)にテッドから書き込みがありました。その中に、"Free Hugs"という言葉が出てきて、YouTubeで観ることができるということでURLがあったので、たどって行ってみました。

ちなみに、テッドのhug(=抱きしめること)は、Ted's hugと名づけられていて^^、彼に抱きしめられたら一生忘れられないというくらい有名でございます(→ܫ◕ฺ人◕ฺฺܫ◕ฺ)

まずは、FREE HUGSが一体なんなのか、ビデオを見てみてください。
Juan MannのFREE HUGS

Juan Mann(ジュアン・マンと読むのかしら)は、ロンドンに住んでいましたが、事情があって、シドニーに帰ることになりました。しかし彼が空港に降り立ってみると、誰も迎えてくれる人はなく、戻る家もなかったのでした。彼には、重いバッグと抱えきれないほどの悩みがあっただけ。Juanは、故郷にいながらにして観光客のようだと感じたのでした。

Juanは一人、到着ターミナルに立ち、乗客たちを出迎える友人や家族が、笑顔で抱き合っているのを見ていました。僕にも待っていてくれる人がいたら。お帰りなさいと笑顔で抱きしめてくれる人がいたら。

それで彼は、人通りが最も激しい交差点に行き、自分で厚紙の裏表にマーカーで手書きした「FREE HUGS」のサインを持って立ったのでした。

最初の15分は、人々は彼をながめて通り過ぎるだけ。
初めて立ち止まって、hugした人はJuanの肩を優しくたたきながら、その日の朝、自分の犬が死んでしまったと話してくれました。しかも、一年前の同じ日に、彼女の娘が交通事故で亡くなったのだということも。世界にたった一人ぼっち残された気持ちの彼女は、誰かに抱きしめて欲しかったのです。

Juanとその女性が別れるとき、彼女はニッコリと微笑んでいました。

人それぞれ悩みがあり、自分とは比較ができないものです。でも暗い顔をした人が、ほんの一瞬でも笑顔を取り戻せるなら、hugには意味があるとJuanは考えています。

このFREE HUGSは世界的なムーブメントになっているようですが、危険をともなうという意味で一時、禁止されたそうです。今はもう大丈夫ですが、このHugathonに参加したい人は、自分の地域の法律や規則を確認してくださいねとのことです。

日本でもやってる人いますね~。出会ったことありますか?私は全く知りませんでした。
日本らしいな~って、このビデオをみながら笑ってしまいました。こちらが、日本のFREE HUGSです。『フリーハグは見知らぬ人ともハグするけれど、まずはあなたの周りの大切な人から。』というコメントがいいなと思います。

Juan Mannが一人で始めたFREE HUGSのオフィシャルサイトがありますので貼っておきますね。
(テッド、ありがとう♪)
by tomokot2 | 2007-05-20 08:48 | What's the buzz? | Comments(10)
Commented at 2007-05-20 09:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by og at 2007-05-20 14:02 x
こんにちは!ご無沙汰しております。
ずっと ROM でごめんなさい^^;。
こんなムーブメントがあったなんて、知りませんでした。ぐっと来てしまいまして、思わずリンクさせていただきました。紹介してくださってありがとうございます!!
Commented by bongsenxanh at 2007-05-20 23:22
こんばんは、はじめまして。
この間NYへ行った時に、B'wayでたびたび見かけたんです、hugしている人たちを。
でも傍目に見ていて、どう考えても友人同士とか知人同士には見えなかったので「あれはなんだろう・・・?」ってずっと気にかかっていました。
何か新手のメッセンジャーみたいな商売なのかなぁ?とか・・・。
(FREE HUGSのカードは持っていなかったので)
tomokot2さんのこのトピックを読んで、ようやくその謎が解けました。
どうもありがとうございます!
人間、誰かにぎゅぅっとhugしてもらいたい時ってありますものね。
hugの習慣がない日本ではちょっと難しい気もしますけど・・・
Commented by tomokot2 at 2007-05-21 09:39
鍵コメ05-20 09:51様

にっこりさせていただきました。どうもありがとうございました♪
Commented by tomokot2 at 2007-05-21 09:43
ogさん

とんでもな~い。私もいっつも「ウマソ~^^と思いながら」ROMさせてもらってます。
シンプルなことを素直にすることって簡単なようでいて、なんで難しくなったり、恥ずかしく思ったりするのかな~って、ハグすることだけじゃなくて、日常のいろんなことを考えました。誰かの笑顔を見て幸せな気持ちになれる、そんなことの積み重ねがしたいなと思わせてくれたJuanに感謝したいですね♪
Commented by tomokot2 at 2007-05-21 09:48
bongsenxanhさん

ま~ようこそお越しくださいました!すてきなブログを勝手にお気に入りに入れさせていただいて、すみませんっ!

>hugの習慣がない日本ではちょっと難しい気もしますけど・・・

韓国とか中国のフリーハグのビデオもあったので見ましたけど、日本より状況は厳しそう?^^;
私も日本的習慣の中で育ったので、アメリカに行ったときに、大人になって初めてハグされたときの暖かさは衝撃でした。ちょっと勇気が必要なこともあるけど、両腕を広げて、心をオープンにするって、とっても気持ちが良いことですよね。

これから(ってこれまでもですけど・汗)ブログにお邪魔して、楽しく読ませていただきたいと思ってます。どうぞ宜しくお願いします♪
Commented at 2007-05-21 10:45 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tomokot2 at 2007-05-21 14:22
鍵コメ05-21 10:45さん

私もハグ大好きですよ~。
そうとわかれば・・・ウッシッシシ???

英語を学ぶときに、生活習慣から入るのもひとつの方法だと思うんですよね~。言葉って平面じゃなく、立体的で奥行きのあるものですから。私もまだまだ勉強中の身ですけど、たとえば英文を翻訳するときには想像力をフルパワーで働かせますね。この人はどんなふうに話したのだろうかとか、ビジュアルやサウンドエフェクトまでね。そうすると言葉が出てきたりするんですよ。
Commented by りんじぃ at 2007-05-28 23:08 x
初めてのカキコはどこにしようかと思ったけど、これにします。
フリーハグ、知りませんでした。
外国ならでは?
アメリカとかでは、ハグは親しい人との挨拶みたいな意味合いもあるかな。

ビデオ見ましたよ。いい内容ですね。
ひとりハグでなく、ダイビングが居ましたが(汗)。

りんぢもハグ好きです(汗)。
メイド院さん、りんぢで良ければいつでもハグしますよ(迷惑)。
その代わり難しい英語を翻訳してください(汗)。

フリーハグ
フリー翻訳
Commented by tomokot2 at 2007-05-29 00:50
りんぢさん^^
どうも~ようこそようこそ~~♪
ハグハグお好きでしたか~。んでは、次回、ハグハグしましょう♪
楽しいレポを書いてくださってありがとうございました。私にも記念になりました~。みんなのお誕生日はキャヴァンでお祝いしたいですね~シロクマちゃんたちの日にぃ^^
これからも仲良くしてくださいね~。宜しくお願いします!ハグハグ~♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< お宝シリーズ ★1973年プレ... ティムの言葉 >>