テッド・ニーリーのインタビュー

昨日もニュースでは、春並にあったかくなると言ってましたが、やっぱり朝晩は寒いです。
冷え性ではないのですが、私は体感温度が低いのがとっても苦手。どっちかっていうと雑草っぽく育ちましたが、今は温室大好き・・・(^^;)ゞ

昨日はお仕事で遠出するはずが急遽キャンセルに。
たまたま時間が空いたので、いつもの美容院に電話したら大丈夫だったので、パパッ★と行ってきました。
髪の長さはあまり変えずにかなり軽くすいてもらって、髪だけは春を先取り気分♪ 
私、着物が好きで結構たくさん持ってるんですが、この1~2年ほとんど着てなくって、新年の誓い(?)の中に、今年はいっぱい着よう!というのもあります。で、和装も洋装もアレンジしやすい髪型にしてもらいました。

頭は春なんだけど、遊びに行くこともなく、帰宅してお仕事の続き。。。誰か誘ってくでぃ。。。

お仕事しながら、盛り下がる気分をMCRとバルサモ君のソロで上向かせました・・・ってか、音楽の中に埋没して、気持ちはユルっと身を任せてるってところかなぁ。

あとはテッドに優しくしてもらお~(^_^)v

d0079799_9304116.jpg今日、書きかけの記事の中から選んだのは、テッドのインタビューです。
テッドが前回のADツアー(1992-1997)の途中、カナダのTV番組に出たときのものです。
映画の「最後の晩餐」シーンも流れますが、なんと!ツアーの映像もチラっと映ります。TV局が撮影したのか製作サイドが記録用に撮ったのか?私はそっちに興味津々!クオリティの高い映像でツアーが残っているってるとしたら、これはすごい貴重品。ハンドマイク持っていないから、もうADツアーも後半だろうな~と思います。トロントで9月27日から29日までって司会の女性が言ってるから、何年なのかはツアー日程を見れば分かると思いますが、ま、それは置いておきます^^;

話しているのはだいたいこんな感じのことです。
いきなり、「あらまっ、私たちが教えられてきた”あの方”の顔にそっくりじゃない?」と司会者が言ってますが、テッドったら、目がねもはずしてサービスしちゃって~(^-^)

今までにジーザスは何回くらい演じてますか?と聞かれてテッドは、僕もよく分からないけど、このツアーだけで1500回くらいだね。と答えています。また、映画については、、あの映画を観てクリスチャンになったというお客さんに沢山出会ったよ。ノーマンジュイソン監督は、人としてのジーザスを初めて描いた。と、また監督を賞賛しています。ほんと、テッドって謙虚なんですよねぇ。
あなたには、テキサスアクセントがあるわね?と言われて笑ってますが、テッドの南部訛りは相手をリラックスさせるっていうのかな~、とってもいいんだな~(ホレボレ♪)。こういうふうに人を和ませられる人になりたいなぁ。。。

毎日同じことをして飽きないの?歌詞を忘れちゃったことはある?という問いには、飽きるってことはないよ。作品が僕を新鮮な気持ちにさせてくれるし、お客さんから喜びと幸せをもらっている。みんなが僕を聖人にしてくれる。ストーリーはすべての人が知っているから、ある意味全員が批評家でもある。勝手に歌詞は変えられないよね。でも一度だけ歌詞が出て来なくなったことがある。二度とそういうことはないけどね。と、冗談も交えながら言っています。

奥さんとは映画で出会ったそうですね。あのローブをまとったイエス様と恋愛するってどんな感じだったかしら。彼女はこの街の出身でしょ。トロント・ガールよねってところで拍手喝采☆
カナダ人はとっても優しくて穏やかないい人たちだよね。僕が生まれ育ったテキサス州レンジャーの人たちと良く似ているよ。ですって。

テッドの優しい口調、スーパーいい人な物腰。
やっぱり、彼にhugしてもらって来たいよ~~~~。という毎度同じ嘆きの声をあげるヘナチョコ猫なのです・・・・。
by tomokot2 | 2007-02-07 10:03 | ジーザスたち


<< バレンタイン川柳 MY CHEMICAL ROM... >>