JCSの「背景」について~私の虎の巻~

私が初めて"Jesus Chrsit Superstar"という作品に触れたのは、劇団四季の舞台でした。私は二十歳かそこらだったと思います。そのとき、ほとんど聖書やキリスト教について知らなくても、すごく感動したのですが、後に73年版の映画を観て、これはキリスト教を知っていたほうが作品をより理解できるのかもしれないと思ったのでした。

それからキリスト教に関する書物を読んだり、聖書をめくったりしました。
その中でとても影響を受けたのは、遠藤周作作品でした。
特に「沈黙」には衝撃を受けました。

一方、「知識」として知りたい「情報」をわかりやすく示している一冊として手元に置き、時々、虎の巻のように「見ている」本をご紹介したいと思います。

遠藤周作で読むイエスと十二人の弟子

遠藤周作で読むイエスと十二人の弟子 (とんぼの本)




第一部では、イエスの誕生から復活までが、豊富な写真と絵画を交えて描かれています。
特に、『イエス最後の五日間』のパートは、JCS曲を脳内再生しながら読めるのではないかしら。

そして第二部は、「十二使徒」列伝。。。
d0079799_21244923.jpgこの人、誰だと思います?
ネタばれしますと、レオナルド・ダ・ヴィンチの<最後の晩餐のための習作”ユダの頭部”>なんです。
本の中には、様々な画家たちが描いた十二使徒の肖像が紹介されていますが、ユダはこれなんです。

あれ?最後の晩餐のユダは、おひげ面じゃなかったけ?
手に持っているのは、銀貨が入った袋だという説もあるよな~。
トニー・ヴィンセントやティム・ミンチンとはだい~ぶ違うよ。

など、好奇心がくすぐられてしまいます。
私は、JCSの魅力は、作品を深く深く見つめることもひとつだとは思いますが、知らない世界への扉を目の前に示してくれることだと感じています。少なくとも、私自身はそうです。

もし、JCSの背景をもっと知りたいけど、どこから手をつけていいかわからないな~という方や、色々な時代の宗教画やイスラエルの写真を楽しみたいという方に、この一冊をおすすめしたいと思います。

みなさんも、JCSがきっかけで手にした本や映画などがあったら、ぜひ教えてくださ~~い001.gif
by tomokot2 | 2014-05-17 21:38 | JCS作品&基礎知識


<< Ted Neeleyローマ公演... FUERZA BRUTA フエ... >>