JCSファンコンベンション 報告(3)

032.gif会場準備

d0079799_12315957.jpg会場に入ると、今回、協賛者として全面的にご協力いただいている、ミュージカル・ワークショップ・グリーンルームのちばさんが、すでに劇団四季関係資料を壁に展示をほぼ終えており(ほぼ、というのは、私が資料を持ち込むのが遅れていたため)、会場の設営を一人でテキパキと進めておられた。テーブルや椅子の配置、照明ひとつひとつに至るまで、この会場で何度もイベントを開催しているだけあるな~と感心。。。

している場合じゃないぞ、ぺ猫。


d0079799_12293788.jpgさっそく、持ってきたスーツケースやバッグの中身をどんどん取り出し、

「これは、映画関係だから受付のテーブルにね。」

「こっちは世界のJCS資料なので、このテーブルの上。」

と、お手伝いしてくれる方たちを手当たり次第に使いまくる。。。

キッチンコーナーでは、グリーンルームの関係でお手伝いに入ってくださっているEmilyさんが準備に追われていた。


私がもたもたしている間に会場入りしていたのは、さきほどの面々だけではなかった。


d0079799_12342337.jpg


今回、ジーザスとユダ役のいくつかの曲を歌う予定のCHATOさんや、事前練習のうえギター持参で早々にはせ参じてくれているtarokenさんが、ピアノ伴奏者の周辺ですでに準備を始めていた。
また、かなり遠方からの参加となる女性は、ピアノと音合わせをするために私が来る前にすでに練習を終えていたらしい(大汗)

初対面のお二人との挨拶もそこそこに、ワークショップ形式の歌会の打ち合わせをJCSエンスーさんとしたり、受付のニセリッチーさんに参加者リストを渡したりしていたのだが。。。許容範囲をとっくに超えたぺ猫が的確なお願いができるはずもなく(爆)、受付で伝達事項があったのに、ほとんどの項目が頭から抜け落ちていたことは、その時にはまったく気づかなかった。そのため、日ごろからお客様対応に定評のあるニセさんの機転に助けられて無事にみなさまに受付を通過していただくことができたのです、ほんとに。

時計を見るといつのまにか、午後2時45分。

うん?オープニングまでに来場すると連絡がとれていたメンツがまだ来ていない。。。。これで会場はいっぱいになるんだろうか?

しかし間もなく、私のよく知った皆さんが受付を通ってくるのが見え始めた。

「わ~~。今日はよろしくね~!」

「きゃ~~、もっと遅くなるって聞いてたのに、こんなに早く来れたの?」

「□□□ちゃんと同席がいいかな?」

「資料もいっぱいあるからね~。」

そして、もちろん。はじめましての方たち。

「あああっ、●●さんですよね?」

若い女性のグループや男性が中心のグループも。

「みなさん、ジーザスが好き・・なんですか?」

・・・と、主催者とは思えない、とってもマヌケな質問でお迎えするぺ猫。。。。
だって、ほんとにこんな若い人たちが参加してくれるなんて、予想してなかったんだもん。。。。

ハンドルネームでしか知らない初めて私に会う方たち、しかも一人で参加、という女性たちは少々緊張の面持ち。

「こっちのテーブルへ~。」

と、うら若き女性たちをご案内したのは、当ブログ常連・うさぎさんのいるテーブル。

「みなさん、おひとりでいらしてるの~。よろしく~。」

・・・・って、明るくて、気さくなうさぎさんの輪に入っていただく。。。

と、そこへ、ミクシィのJCSコミュニティーの管理人さんが、以前、コミュで作成したTシャツ2枚を寄贈したいと、仕事の合間を縫って駆けつけてくださった。

ありがたい。
ほんとにこういう気持ちに支えられて、迎えられた日だ!

・・・すると!!!!!

なんと、プラチナブロンドにキラキラ・ミニドレスのエンジェルが登場!!!!!
コスプレ宣言していたミヤミヤちゃん※が、みんなの度胆を抜く!!!!!!!

いきなり撮影たーーーいむ♪053.gif

※ご本人に承諾をいただいたら9変化のお写真をまとめてアップさせていただくかも。。。
ほかにもみなさんのブログのリンクをまとめて貼るとか、総集編も作りますが、とりあえず、今は報告を先にすすめていきます。。。

そーこーするうちに。。。。。うわっ。。。もう、3時15分???

すでに、スタッフ含め40名近い人たちで会場はほぼ埋め尽くされ、
楽しそうな会話や笑い声があちこちかで湧き上がっているのがわかった。。。



032.gifオープニング・セレモニー
じゃ、もうはじめないと。。。


まずは、映画版の「序曲」が静かに会場に流れ始める。

参加者の一部は椅子から立ち上がって、リズムをとりながら踊り始めた~~♪


そして、ピアノが「Heaven On Their Minds」のイントロを奏でる。



d0079799_1312388.jpg・・・と、そこへ、アリーナツアーのティム・ミンチン・ユダと同じスカーフを巻き、パーカーのフードを目深にかぶったCHATOユダが登場。。。。

My mind is clear now...

彼女のソウルフルな歌声に圧倒される参加者たち。

そして、JCSファンコンベンションならではの奇跡が~~!!

参加者一同が、間奏パートで、一斉に拍手をしたのだ!!!!
これって、73年映画の再現??
全くなんの打ち合わせもなしに、みんな当たり前のように、パンパンパン☆

God Jesus, it's all gone sour....!!!!

万雷の拍手。


そしてペ猫登場。「皆様、ようこそお越しくださいました!」

素晴らしい歌声を披露してくれたCHATOさんのご紹介をする。

彼女はヴォーカリストでありギタリストで、10月には何回かギグをする予定があるので、そのことについても私から皆さんにお知らせさせてもらった。⇒ CHATOさんのブログ・CHATO'S LANDにライブ日程があります。

私からは、
●ファンコンベンションは、テッド・ニーリーの70歳のお誕生日と映画公開40周年記念及びJCSブルーレイ・スペシャルBOXの発売を記念したものであること。
●テッド・ニーリー本人もご家族も、このコンベンションが開かれることを知っていて、奥様(映画にも出演していた)から、お祝いの言葉をいただいていること。そして、彼女手作りのクッキーを特別に直輸入したこと。
●たくさんの方がこのコンベンションに注目していて、ツイッターでの実況を楽しみにしているという声があると知ったRyotaniさんが自分からPC持参で参加してくれるというので、ツイートをお願いしたこと。ハッシュタグ #JCSファンコンベンション があること。
●会場に展示している資料のほとんどが、グリーンルームのちば氏のコレクションで、私はその一部をお預かりしているということ。
●幅広い年齢層の方が全国から参加してくださっている。今日の主役は皆さんなので、あ~本当に来て良かったと笑顔で帰っていただけたら最高です。。。とお話させてもらった。

グリーン・ルームのちばさんから、
●普段、多くの方がカラオケの音に慣れているかもしれないけれど、ミュージカル愛好者として、今回はすべてアンプラグドで行うので、マイクは使用しない。言葉や演技を大切に、一曲を演じ切る表現者としての醍醐味を味わう良い機会になるだろう。。という説明があった。

そして、テッド・ニーリーの誕生ケーキを用意しているけれど、本人がいないので、会場にいらっしゃる9月生まれの人たちに前に来ていただき、ハッピー・バースデーをみんなで歌ってお祝いして、オープニング・セレモニーは終了。

・・・・では、みなさま、しばし、ご歓談ください。。。。

d0079799_13284378.jpg

Photography By Y.Aoki
by tomokot2 | 2013-09-28 13:31 | What's the buzz?


<< 9月の玄関 【緊急告知】JCSファンコンベ... >>