話題のミュージカル~Matilda マチルダ~

d0079799_12105661.jpg『チャーリーとチョコレート工場』の作者、ロアルド・ダールの児童書『マチルダは小さな天才(Matilda)』が原作の英国発ミュージカル『Matilda, The Musical』が、ものすご~く観たい016.gif

最初に、tonythefishさんから、アリーナツアーのジュダス役、ティム・ミンチンが作詞・作曲をした作品だと教えていただき、そこから興味を持ちました。
『Matilda』は現在、ブロードウェイでプレビュー公演中なんですが、ネットでいろいろ見たら、とにかく大注目の新作で、ニューヨークタイムスには、大ヒットが約束されている!!・・・と書かれているわけですよ。

ほぉ~。
それでは、これまでの歩みをちょっと調べとこ。
(ティムの公式HPの内容を参考に要約してみました)
始まりは、2008年12月に、演出家マシュー・ワーチャスがティム・ミンチンにロイヤル・シェークスピア・カンパニー製作の『Matilda』のミュージカル化にあたり、作詞・作曲をしないかと持ちかけたそうです。ティムが最初のドラフトを書いてから何度かワークショップを行い、台本を見直し、時間をかけた末、2010年9月にリハーサル開始。
同年11月6日、一般客の前でドレス・リハーサルを行い、プレビューは約1カ月継続。その後、12月9日にオープンしたショーは大好評でチケットは完売し、1月30日まで続きました。
やがてウェスト・エンド進出が決まり、2011年11月24日初日を迎えました。

キャスト・レコーディングももちろんあります。
Author: Dennis Kelly
Music & Lyrics: Tim Minchin
Director: Matthew Warchus
Choreographer: Peter Darling

快進撃はつづき、2012年、ローレンス・オリヴィエ賞において7部門でアワードに輝きました。

そして、今年2013年4月11日(プレビューは3月4日スタート)にブロードウェイのシューバート劇場で開幕します。

映像や音源、インタビューやレビューはもちろんたくさん出回っているのですが、まだまだ全然フォローできてません、わたし。。。
ちらっと見た教室のシーンはちょっと『Spring Awakening 春のめざめ』に似てるな~なんて思ったりして。
しかし、Matildaは、ほんとに子供たちが演じてるわけで、映像だけ見てもすごい逞しくて頼もしい~。

イギリスでは受け入れられたMatildaですが、アメリカバージョンはどのように作られ、受け入れらるのか、興味があります。
あぁ~、両方観てみたい。。。







Matilda (Puffin Modern Classics)



マチルダは小さな大天才 (ロアルド・ダールコレクション 16)



手始めに^^『Matilda』の原作本を購入しました。
ご参考まで、英語版と翻訳版のリンクを貼っておきますね。
商品詳細のところに、あらすじが書かれているので読んでみてください^^
by tomokot2 | 2013-03-24 22:20 | 公演情報


<< スティーブ・バルサモのジャクソ... サラ・ブライトマン来日決定~♪ >>