ギグって感じのJCS
80年代っぽいロックテイストがビンビン!郷愁を誘う・・・010.gifJCSの映像。
1989年 CLUB OASIS(アメリカのどこか^^;)でのコンサート形式のJCS。
詳しいことは分からないけど、ロックやってる人たちが出演してます。何人かは俳優さんが入ってると思いますが。このショーの音楽監督やってた人が投稿してて、彼の投稿ページに行くとここでご紹介する以外の映像も見れます。やっぱJCSが好きなんだろうな、この人。しかし、20年前よ。昔の映像をこうやって最近になって公開してくれてるのはうれしいです。

熱心党シモン・・かわいいブロンドくん♪


最後の晩餐・・・使徒はユダのみです。ステージ狭いし、無理だよね~。13人も並ぶのは・・・。
最後はちょっとアレンジして、I don't know how to love him。。。ユダの自殺パートが歌われています。


ゲッセマネの園・・・やっぱヴォーカリストは、スクリームが聞かせどころじゃな。


MCで、毎週木曜日はロックオペラをやります、って言ってます。
Trial before Pilate.
ちゃんと演出されていて、ここは見せ場だぜっていう気合いが入ってる。。。


Superstar
ユダくん、若っ。
この曲の最後はカーテンコールになるけど、慣れてない感じがほほえましぃような。
・・・で、やっぱりライブ(笑)ですから、最後はTHANK YOU!でしめてくれてます!






WINTER 1989 CLUB OASIS SHOW
Musical Director: Anthony Von Eckstein, Technical Director Michael Krische
CAST: Danny Knop -Jesus, Freeman Young -Judas & Simon, Jennifer Courtney - Mary Magdalene, Mike Trevino - Caiphus, Kevin - Annas, Cory McAbee - Pontius Pilate,- Alicia Swails-Procula
BAND:Anthony Von Eckstein - Guitar, Joey Swails-Synth/Orchestra, Ramone Lazo - keys,
Jon Von Eckstein - drums, Chris Beaucast - bass, Jon Shapiro - sax:
Chorus Director - Alicia Swails
Produced by Anthony Von Eckstein and dedicated to all the cast and crew of the show.
by tomokot2 | 2009-11-01 00:02 | JCSアーカイブス | Comments(1)
Commented by bijou3369 at 2009-11-01 20:14
JudasとSimonは一人二役なのですねー。
うん、金髪でカワイイです♪
特にヘアスタイルが(笑)

こういうライヴ形式も良いですねぇ。
JudasのI don't know how to love himは中々にぐっときます。
いいものを見せていただき、ありがとうございます。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< Love Never Dies 10月の玄関 >>